【ヤーマン】ヤーマン、低周波EMSとヒーターを搭載した「腰用EMSサポーター」など(その他健康器具・医療機器)

120

製品名:メディカラダ 腰用EMSサポーター

メディカラダ 腰用EMSサポーター

概要(価格.comより引用)

ヤーマンは、ヘルスケアブランド「Medi KARADA(メディカラダ)」より、サポーター型EMS機器2機種を発表。7月1日より「ヤーマンオンラインストア」にて発売する。

ラインアップは、アジャストベルト搭載の「腰用EMSサポーター」、クロスサポートベルト搭載の「ひざ用EMSサポーター」用意。それぞれ「S〜M」「L〜LL」の2サイズを展開する。

いずれも、「サポーター」「EMS」「ヒーター」の3機能を備えたアイテム。腰やひざの保護・安静保持をサポートするほか、低周波EMSによるトレーニングが可能。「関節の機能改善に重要な筋肉にフォーカスしてEMSで刺激することで、誤ったトレーニングを防止する」とのことだ。

加えて、ヒーターは「グラフェン」素材を採用。ヒーターの温感を素早く肌に伝え、「トレーニング前のプレヒーティングとして効率よいケアへ導く」という。

共通の仕様として、充電時間が約2時間、使用可能時間が約40分。付属品はサポーター1枚、ゲルパッド2 枚、ACアダプター、充電用USBケーブル、保管用ボード。

「腰用EMSサポーター」の対応サイズは、「S〜M」がウエスト約65〜80cm、「L〜LL」がウエスト約80〜95cm。本体サイズおよび重量は、「S〜M」が約80(幅)×13(高さ)cm、約240g。「L〜LL」が約96(幅)×13(高さ)cm、約270g。

「ひざ用EMSサポーター」の対応サイズは、「S〜M」がひざまわり約41〜46cm、「L〜LL」がひざまわり約46〜51cm。本体サイズおよび重量は、「S〜M」が約51(幅)×20(高さ)cm、約80g。「L〜LL」が約55(幅)×20(高さ)cm、約85g。

価格は「腰用EMSサポーター」が25,000円、「ひざ用EMSサポーター」が18,000円(いずれも税別)。

関連記事