【富士フイルム】富士フイルム、「XFレンズ最高クラスの解像性能」をうたう「XF18mmF1.4 R LM WR」(その他カメラ関連製品)

86

製品名:フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR

フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR

概要(価格.comより引用)

富士フイルムは、ミラーレスカメラ「Xシリーズ」用交換レンズ「XFレンズ」の新ラインアップとして、「フジノンレンズ XF18mmF1.4 R LM WR」を5月27日に発売すると発表した。

「XFレンズ最高クラスの解像性能を実現した」とうたう大口径単焦点レンズ。非球面レンズ3枚とEDレンズ1枚を含む9群15枚のレンズ構成を採用。大口径レンズの搭載などにより、開放F値1.4の明るさを実現した。また、重量370g、長さ75.6mmのコンパクト設計を採用した。

広角18mm(35mm判換算:27mm相当)の焦点距離を生かして、自然な遠近感のある風景撮影にかぎらず、被写体にフォーカスしつつ背景を大きく取り入れたスナップ撮影も可能。加えて、レンズ先端から最短約11cmまでの近接撮影にも対応する。

このほか、リニアモーターにより駆動させるインナーフォーカス方式を採用。ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T4」装着時で、最短約0.04秒(CIPAガイドライン準拠、内部測定方法。位相差AF使用時、ハイパフォーマンスモードON時)の静音かつ高速・高精度なAFを実現したという。

価格は144,100円。

なお、同レンズ専用の角型レンズフード「LH-XF18」も同時に発売する。アルミ削り出しのデザインを採用した、価格は11,000円。

関連記事