【iRobot】アイロボット、“クリーンベース付きで10万円を切る価格”ロボット掃除機「ルンバ i3+」(掃除機)

15

製品名:「ルンバ i3+」

「ルンバ i3+」

概要(価格.comより引用)

アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ i3+」「ルンバ i3」を発表。全国のアイロボット認定販売店で2月17日より、アイロボット公式ストアで2月26日より発売する。

いずれも「これまでのデザインを一新し、やわらかな印象のファブリック調のグレーボディを採用した」という点が特徴。なお、「ルンバ i3+」はクリーンベース(自動ゴミ収集機)を備えたモデルとして展開する(「ルンバ i3」はクリーンベースが別売り)。

また、「ルンバ i3+」について、同社では「クリーンベース付きで10万円を切るという、アイロボットジャパン史上最高のコストパフォーマンスを実現する」と紹介している。

主な仕様は共通で、ゴミを浮かせてパワフルに吸引し、微細なホコリや花粉をフィルターで除去する「AeroForce 3段階クリーニングシステム」、移動距離を把握しながら各部屋を移動する「フロアトラッキングセンサーによるナビゲーション」、清掃中の立ち往生を防ぐ「リアクティブセンサー」、汚れた場所を集中清掃する「ダートディテクトテクノロジー」といった機能を搭載する。

また、「iRobo HOME」アプリによる、スマートフォンでの操作に対応。清掃する部屋の選択やスケジュール設定などをカスタマイズできるほか、外出先からも清掃を始められるとのこと。清掃完了時にスマートフォンに通知が届き、清掃状況も確認できる。スマートスピーカー(Google アシスタント、AmazonAlexa)にも対応した。

なお、「ルンバ i3+」では、掃除が完了すると、ルンバ本体のダスト容器のゴミをクリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。最大60日分のゴミを収集でき、ゴミ捨ての手間が省けるというのが特徴だ。

このほか、稼働時間は1回の充電につき最大75分(部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なる)。充電時間は約3時間。

ロボット本体のサイズは34.2(直径)×9.2(高さ)cm、重量は約3.2kg。「ルンバ i3+」に付属するクリーンベースの本体サイズは31(幅)×49(高さ)×39(奥行)cm。

「ルンバ i3+」の同梱内容は、ルンバ本体、バッテリー(内蔵)、クリーンベース充電ステーション、交換用フィルター×1、交換用紙パック×1、クリーンベース用電源コード。公式オンラインストア価格は99,800円。

「ルンバ i3」の同梱内容は、ルンバ本体、バッテリー(内蔵)、ホームベース、交換用フィルター×1、交換用紙パック×1、電源コード。公式オンラインストア価格は69,800円。

関連記事