【SONY】税別78万円、ソニーのニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」(PCスピーカー)

54

製品名:「SA-Z1」

「SA-Z1」

概要(価格.comより引用)

ソニーは、「Signature Series(シグネチャーシリーズ)」より、ニアフィールドパワードスピーカー「SA-Z1」を6月20日より発売すると発表した。

「音が直接耳に届くヘッドホンのような高い解像度と、スピーカーリスニングならではの、目の前に広がる音場を両立する、ニアフィールドリスニングを追求した」というモデル。

具体的には、トゥイーターとウーファーを同軸上に配置することに加えて、各ドライバーユニットを独立して駆動するマルチアンプシステムとFPGA(Field Programmable Gate Array))を採用。それぞれのドライバーユニットから出る音を、物理的にひとつの軸上で合成するだけでなく、各スピーカーの出力タイミングをFPGAによって綿密にコントロールすることで、音波の波面を揃えた高精度な点音源化を実現し、解像度の高い音を楽しめるとのことだ。

また、メインウーファーとアシストウーファーを対向配置し、互いの振動を打ち消す鼓(つづみ)構造を採用。不要なノイズを極限まで抑えると同時に、筐体側面の音道からアシストウーファーの低音を放射することで「クリアで自然な低域の広がりを実現する」という。

さらに、3つのトゥイーターをあたかも1つのトゥイーターのように機能させる「I-ARRAY System(アイ-アレイ システム)」を搭載し、高域まで自然で広い指向特性と広帯域再生を実現したとのことだ。

仕様面では、最大22.4MHzまでのDSDネイティブ再生、および最大768kHz/32bitまでのPCM再生に対応。フルデジタルアンプ「S-Master HX」にアナログ回路を組み合わせて、大出力時の歪みやスイッチングノイズを低減する「D.A.ハイブリッドアンプ」の出力素子に、GaN(ガリウムナイトライド)-FETを採用することで、100kHz再生を可能とした。

加えて、エンクロージャーは、6枚の分厚いアルミ板から構成。日本の伝統的な建築方式である、木組みから着想を得た方法で組付けすることで、強度を保ちつつ、エンクロージャーの振動から生じる付帯音を大幅に軽減するという。

さらに、音の歪みやノイズの原因となるエンクロージャーの振動をD.A.ハイブリッドアンプなどの電気回路ブロックから遮断するため、エンクロージャーと電気回路ブロックを構造的に強度が高い筐体の角同士でブリッジ接続するなどして、高解像でクリアな音を再生するとのことだ。

外形寸法は、スピーカーAが199(幅)×207(高さ)×326(奥行)mm、スピーカーBが199(幅)×205(高さ)×326(奥行)mm。重量は、スピーカーAが10.5kg、スピーカーBが10.5kg。

カートン外形寸法が626(幅)×578(高さ)×388(奥行)mm。総質量が27.3kg。

価格は780,000円(税別)。

「「SA-Z1」」に関する他の記事

ヘッドホン志向強い若者振り向かせたい、ソニーがスピーカーで画期的提案 | 日経クロステック(xTECH)
<IFA>ソニー社内も賛否両論、でも「音は最高」。衝撃サウンド「SA-Z1」開発の裏側 - PHILE WEB
ソニー最新スピーカーが驚愕コスパである理由、1000万円級が100万円以下 - Engadget 日本版
<IFA>異様なまでのフォーカス、かつてない衝撃。ソニーの画期的スピーカー「SA-Z1」レビュー - PHILE WEB
PCスピーカー界、最強。ソニー「SA-Z1」は日本円にすると約83万円 | ギズモード・ジャパン

関連記事