【東芝】東芝、コンパクト化したCDラジオ「TY-C160」「TY-C260」(ラジカセ)

85

製品名:

概要(価格.comより引用)

東芝エルイートレーディングは、CDラジオのベーシックモデルとして、横型タイプ「TY-C160」、縦型タイプ「TY-C260」の2機種を発表。6月下旬より発売する。

いずれも、語学学習と音楽鑑賞機能の充実化を図ったモデル。新機能として、CDを10トラックずつスキップできる「+10スキップ」と低音を強調する「Bass」機能を搭載する。

また、気になるフレーズを繰り返し再生できる「A-Bリピート」や、前回停止した箇所から続けて聴ける「レジューム再生」などの機能を装備。ラジオ選局を登録できる「お好み選局」では、FM/AM各5局からFM10局/AM5局へ増強している。

さらに、本体サイズを従来モデルよりもコンパクト化している。

このほか、実用最大出力は1.5W+1.5W。AC電源に加え、単3乾電池×6本(別売り)での駆動にも対応する。

「TY-C160」は、本体サイズが230(幅)×92(高さ)×213(奥行)mm、重量が約1.1㎏(乾電池を除く)。ボディカラーは、ホワイト、ピンク、ブルーの3色を用意する。

「TY-C260」は、本体サイズが272(幅)×146(高さ)×62(奥行)mm、重量が約1.2㎏(乾電池を除く)。ボディカラーは、ホワイト、ブラックの2色を用意する。

市場想定価格はいずれも6,300円前後。

関連記事