【EPSON】エプソン、プロジェクター「EH-LS500」の発売日を9月17日に決定(プロジェクタ)

18

製品名:EH-LS500B

EH-LS500B

概要(価格.comより引用)

エプソンは、2019年10月2日に発表し、製造上の都合により発売を延期していた、3LCD方式のホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ) EH-LS500」の発売日を、2020年9月17日に決定した。

「dreamio EH-LS500」は、壁の前に置くだけで、最大130型の大画面映像が楽しめるレーザー光源採用の超短焦点プロジェクター。通常のプロジェクターに比べ、非常に短い距離から大画面投写が可能で、設置スペースの確保が難しい環境でも使用できるという。

また、テレビのようにテレビボードに置いて使用することが可能で、画面に近づいても映像に影を落とさないようになっているほか、ブルーレイプレーヤーなど映像再生機器との接続の配線もすっきりできる。

さらに、独自の4Kエンハンスメントテクノロジーと画像処理機能により、高精細ながら自然な4K相当の高画質を実現。HDRにも対応し、「HDR10」や「HLG」のいずれも、16段階で調整できる。

加えて、付属の同社製のAndroid TV端末を本体内に格納。10W×2chのステレオスピーカーを内蔵しており、Wi-Fiに接続することで家中どこでも、動画配信サービスを臨場感あふれる大画面で楽しめる。

主な仕様は、方式が3LCD、液晶パネルサイズ(対角)が0.61型ワイドポリシリコンTFT液晶パネル(16:9)、光源がレーザーダイオード、スクリーンサイズが48型〜130型、液晶パネル画素数が1920×1080×3、明るさが4000ルーメン(最大)、コントラスト比が250万:1(ダイナミックコントラスト有効時)。

このほか、3系統のHDMI入力端子を装備。本体サイズは458(幅)×210(高さ)×375(奥行)mm。重量は9.3kg。ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色を用意する。

直販価格は299,980円(税別)。

「EH-LS500B」に関する他の記事

比較2020'【高画質】プロジェクター69機の性能とおすすめ・選び方:家庭用・ホームシアター用・4K対応(Projectors-1): 家電批評モノマニア

関連記事