【Anhui_ChangGeng_Optical_Technology】LAOWA、“歪みが極めて少ない”コンパクトレンズ「12mm T2.9 Zero-D Cine」(レンズ)

80

製品名:「LAOWA 12mm T2.9 Zero-D Cine」

「LAOWA 12mm T2.9 Zero-D Cine」

概要(価格.comより引用)

サイトロンジャパンは、「LAOWA」(Venus Optics)ブランドより、「LAOWA 12mm T2.9 Zero-D Cine」を6月15日から発売すると発表した。対応マウントは、PLマウント、EFマウント、Eマウントを展開する。

主な特徴として、ディストーションを極めて少なく補正するため、合計2枚の非球面レンズを採用。「無限遠から近距離まで、ほぼディストーションゼロの性能」を実現し、距離変化によって生じる歪みの問題を解決するため、メインフォーカス群と補助フォーカス群を採用して、フォーカス調整を行ったとのことだ。

さらに、大口径超広角レンズに生じる色収差の問題を解決するために、3枚のED(特殊低分散)レンズを使用。「色収差を極めて少なく補正する」という。

主な仕様は、フォーマットがフルフレーム、焦点距離が12mm、絞り範囲(T値)がT2.9〜T22、レンズ構成が10群16枚、絞り羽根枚数が7枚、最短合焦距離が18cm、画角が121度。

本体サイズは102(最大径)×87(長さ)mm、重量は約675g。

市場想定価格は約200,000円。

関連記事