【オリンパス】オリンパス、下開きの可動式3型液晶を搭載したミラーレス「OM-D E-M10 Mark IV」(デジタル一眼カメラ)

35

製品名:「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」

「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」

概要(価格.comより引用)

オリンパスは、マイクロフォーサーズシステム規格準拠のミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」を発表した。

ボディ単体に加えて、「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV EZダブルズームキット」(「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」「M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R」が付属)をラインアップし、それぞれ9月18日より発売する。

従来機種からより軽量になったという、クラシックデザインのボディを採用したモデル。撮像素子は、有効約2030万画素の4/3型Live MOSセンサーを装備。小型・軽量ながら、最大4.5段分(「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ」使用時)に補正効果が向上した、ボディ内5軸手ぶれ補正機構も搭載する。

さらに、下開きの3型チルト可動式液晶モニター(約104万ドット)を搭載。モニターを下に開くだけで、自動的に自分撮りモードに切り替えられる。また、自分撮りモードでは、モニター上のカメラマークボタンをタッチするだけの簡単操作で、写真や動画を撮影できるという。

機能面では、最高約15コマ/秒の高速連写や、動く被写体へピントを合わせ続ける精度が向上したC-AF、横顔・うつむいた顔でもピントが合う「顔優先/瞳優先 AF」、4K動画切り出し、シャッター音や操作音をオフにできる「静音モード」なども備えた。

このほか、アイレベル式OLEDビューファインダー(約236万ドット)を搭載。動画撮影は、3840×2160/30pの4K動画記録をサポートする。外部記録媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカードに対応した。バッテリーはリチウムイオン充電池「BLS-50」を使用し、撮影可能コマ数は約360枚だ。

本体サイズは121.7(幅)×84.6(高さ)×49(奥行)mm、重量は383g(付属充電池およびメモリーカード含む、アイカップなし)、335g(本体のみ)。ボディカラーは、シルバー、ブラックを用意した。

直販価格は、ボディ単体が96,800円、「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV EZダブルズームキット」が129,800円。

「「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」」に関する他の記事

[memo]HDMIモニタリングスルー対応デジタルカメラ(2019.08)|149195|note
みんなのカメラ遍歴があつまりました #わたしのカメラ遍歴 | KOTOBAKO - コトバコ
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」は、OM-D E-M10 Mark IIIと一緒に発表されるが、発売は来年になる!? | CAMEOTA.com
カメラ何が良いかって?おすすめはcanon EOS 1Dx Mark ⅱ もちろん持ってない - だがそれがいい
OS X Mountain Lion:サポート可能なデジタルカメラの RAW 形式 - Apple サポート
ノルソル - デジタルカメラ・一眼レフ 発売時期予想 | ULYSSES
Aperture 3 - Technical Specifications
macOS 用 iMovie 対応のカメラ - Apple サポート
Shuffle by COMMERCIAL PHOTO

関連記事