【SONY】ソニー、ダイナミックHDRエンハンサーを搭載した4Kプロジェクター「VPL-VW775/VW575」(プロジェクタ)

16

製品名:VPL-VW775

VPL-VW775

概要(価格.comより引用)

ソニーは、4Kプロジェクターの新製品として、「VPL-VW775」「VPL-VW575」を発表。「VPL-VW775」を9月18日より、「VPL-VW575」を10月9日より発売する。

いずれも、ネイティブ4Kパネル0.74型「4K SXRD」を搭載したモデル。解像度は4096×2160ドットを採用。HDRは、HDR10方式、HLG方式に対応しており、「立体感」「奥行き感」「精細感」が増し、よりリアルな映像が楽しめる。

また、新機能として「ダイナミックHDRエンハンサー」を搭載。フレームごとにダイナミックレンジを調整し、明るいところは明るく輝かせ、暗部はアイリスや光源の制御を連動させ、黒をより沈みこませることで、従来機に比べHDRコンテンツに対して最適なコントラストを実現する。

■レーザー光源を採用した「VPL-VW775」

「VPL-VW775」は、レーザー光源「Z-Phosphor」を採用したモデル。2000ルーメンの高輝度と約20000時間の長時間使用を実現している。

本体サイズは560.0(幅)×223.0(高さ)×495.0(奥行)mm。重量は約20kg。

直販価格は1,350,000円(税別)。

■高圧水銀ランプを採用した「VPL-VW575」

「VPL-VW575」は、280W高圧水銀ランプを採用したモデル。1800ルーメンの高輝度とランプ寿命約6000時間(ランプコントロール「低」時)を実現している。

本体サイズは495.6(幅)×205.3(高さ)×463.6(奥行)mm。重量は約14kg。

ボディカラーは、ブラックとプレミアムホワイトの2色を用意する。

直販価格は800,000円(税別)。

関連記事