【MOTOROLA】モトローラ、20,800円の「moto g8 power lite」と16,800円の「moto e6s」(スマートフォン)

63

製品名:

概要(価格.comより引用)

モトローラ・モビリティ・ジャパンは、スマートフォン「moto g8」シリーズの廉価モデル「moto g8 power lite」と、エントリーモデル「moto e6s」を発表。9月4日より発売する。なお、SIMロックフリーで楽天モバイルを除く日本国内の通信キャリアに対応する。

■「moto g8」シリーズの廉価モデル「moto g8 power lite」

6.5型HD+液晶(1600×720ドット)を搭載し、アスペクト比20:9のMax Visionディスプレイを採用したモデル。カメラはトリプルカメラ仕様で、1600万画素メインカメラ、200万画素マクロカメラ、200万画素深度測定用カメラを搭載する。

また、5000mAhバッテリーを搭載しており、10W高速チャージャーが付属。約2日間のバッテリー駆動を実現し、約100時間の音楽再生と約19時間の動画視聴が可能だ。

さらに、背面に指紋認証センサーを搭載。4G+4GデュアルSIMスロットを採用しており、デュアルVoLTEにも対応。2枚のSIMスロットのほかにmicroSDカード用スロットも用意する。

主な仕様は、プロセッサーが「MediaTek Helio P35」、メモリーが4GB、ストレージが64GB。外部メモリーはmicroSDカードに対応(最大256GB)。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

このほか、FMラジオを搭載。microUSB端子とイヤホン端子を装備する。本体サイズは75.76(幅)×164.94(高さ)×9.2(奥行)mm。重量は約200g。

ボディカラーは、ポーラブルーとロイヤルブルーの2色を用意する。

直販価格は20,800円。

■エントリーモデル「moto e6s」

6.1型HD+液晶(1560×720ドット)を搭載し、アスペクト比19.5:9のMax Visionディスプレイを採用したモデル。カメラはデュアルカメラ仕様で、1300万画素メインカメラ、200万画素深度測定用カメラを搭載する。

また、3000mAhバッテリーを搭載しており、5Wチャージャーが付属する。

さらに、背面に指紋認証センサーを搭載。4G+4GデュアルSIMスロットを採用しており、デュアルVoLTEにも対応。2枚のSIMスロットのほかにmicroSDカード用スロットも用意する。

主な仕様は、プロセッサーが「MediaTek Helio P22」、メモリーが2GB、ストレージが32GB。外部メモリーはmicroSDカードに対応(最大256GB)。OSは「Android 9.0」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

このほか、FMラジオを搭載。microUSB端子とイヤホン端子を装備する。本体サイズは73.0(幅)×155.6(高さ)×8.5(奥行)mm。重量は約200g。

ボディカラーは、メトログレーとエレキピンクの2色を用意する。

直販価格は16,800円。

関連記事