【エレコム】エレコム、最大3台のマルチペアリング対応Bluetoothキーボード2機種(キーボード)

37

製品名:TK-FBM111BK

TK-FBM111BK

概要(価格.comより引用)

エレコムは、Bluetoothキーボードの新製品として、3台までのマルチペアリングに対応した2機種を発表。テンキーレスキーボード「TK-FBM111BK」とフルキーボード「TK-FBM112BK」をラインアップし、9月上旬より発売する。

いずれも、電池式のBluetoothキーボード。Bluetooth4.0以降に対応したパソコンやタブレットであれば、レシーバーなしで接続可能。大型のエンターキーをはじめ、独立配置したDeleteやInsertなどの特殊キーにより、誤入力しにくい構造とのこと。

また、最大3台のマルチペアリングに対応し、切り替えボタンを押すことで登録したデバイスを切り替えることが可能。Windows/Android/Mac OS/iOSのそれぞれに最適化した入力モードを搭載した。

さらに、最大1000万回のキーストロークに耐えるという丈夫なキー設計を採用。このほか、12.9型までのタブレットを横置きできる「折りたたみ式タブレットスタンド」が付属。スタンドは、4段階の角度調整が可能だ。

共通の仕様として、キーピッチが19.0mm、キーストロークが3.5mm、ホットキー数が13キー。キー配列は「TK-FBM111BK」が92キー、「TK-FBM112BK」が109キー(いずれも日本語配列)。なお、「iOSのかな入力には非対応」とのことだ。

本体サイズおよび重量は、「TK-FBM111BK」が364.3(幅)×33.5(高さ)×150.8(奥行)mm(スタンドを含まず)、約507g(電池を含まず)。「TK-FBM112BK」が447.7(幅)×31.6(高さ)×136.0(奥行)mm(スタンドを含まず)、約568g(電池を含まず)。ボディカラーはいずれもブラック。

市場想定価格は、「TK-FBM111BK」が2,728円、「TK-FBM112BK」が2,948円。

関連記事