【最新情報】グリーンウェル、タブレットから次亜塩素酸水を生成する「ジアグリーン」小型モデル(空気清浄機)

152

製品名:「ジアグリーン コフレ JG-CF1200」

「ジアグリーン コフレ JG-CF1200」

概要(価格.comより引用)

グリーンウェルは、非電離型微酸性次亜塩素酸水を用いた空間除菌システム「ジアグリーン」シリーズより、小型噴霧器「ジアグリーン コンフォルト」および、中型噴霧器「ジアグリーン コフレ」を発表。8月初旬より発売する。

「ジアグリーン」は、トリクロロイソシアヌル酸を主成分としてタブレット化し、水に溶かすことで次亜塩素酸水を生成、噴霧する空間除菌システム。噴霧器から放出される約1.0マイクロメートルの超微粒子が部屋の隅々に行きわたり、「壁や天井、床などに付着したウィルスや菌に抑制効果を発揮する」と同社では説明する。

同社独自の技術により、非電離型微酸性次亜塩素酸水生成剤をタブレット化することで、安定した液性と有効塩素濃度の次亜塩素酸水をいつでも生成できるのが特徴とのことだ。

■「ジアグリーン コンフォルト JG-CN200」

約10平方メートルの空間に対応する、USB電源タイプの小型噴霧器。タンク容量は200ml。本体サイズは74(幅)×162(高さ)×74(奥行)mm、重量が145g。

価格は4,500円。

■「ジアグリーン コフレ JG-CF1200」

広さ約15畳(20平方メートル)の空間に対応する、AC電源タイプの中型噴霧器。タンク容量は1.2L。本体サイズは155(幅)×240(高さ)×155(奥行)mm、重量が785g。

価格は16,000円。

専用タブレットは、500mlの水に溶かす「ジアグリーンタブレット500 JG-TB500」(アルミ個包装袋5包入り)と、5Lの水に溶かす「ジアグリーンタブレット5000 JG-TB5000」(アルミ個包装袋10包入り)を用意する。特殊な包装材で封入しており、最大3年の保存が可能だという。

このほか、広さ約30畳(50平方メートル)の室内空間に対応する据置型噴霧器「ジアグリーン プランシェ」を、リニューアルして、8月末から発売予定としている。

関連記事