【東芝】東芝、4K液晶レグザのフラッグシップモデル「Z740XSシリーズ」3機種(薄型テレビ・液晶テレビ)

15

製品名:「Z740XSシリーズ」

「Z740XSシリーズ」

概要(価格.comより引用)

東芝映像ソリューションは、「4K液晶レグザ」のフラッグシップモデルとして「Z740XSシリーズ」を発表した。65V型「65Z740XS」および55V型「55Z740XS」を3月5日より、50V型「50Z740XS」を4月より順次発売する。

主な特徴として、いずれも、人の肌をリアルタイムで検出して補正するという「ナチュラル美肌トーン」を搭載。「より健康的かつ自然な色と質感で人肌を再現する」という。

さらに、視聴環境に合わせて輝度や精細感を自動調整するとともに、ブルーライトを夜の視聴環境で従来比約40%カット(「50Z740X」と「50Z740XS」の比較)する「おまかせAIピクチャーII」も装備。AI学習によって地上デジタル放送のさまざまなノイズを低減するとともに、クラウド上にある情報と連携して高精細な映像を再現する「地デジAIビューティPROII」、ネット動画を高画質に楽しめる「ネット動画ビューティPROII」にも対応する。

このほか、映像処理エンジン「レグザエンジンCloud Pro」が全面直下LEDバックライトを緻密にエリアコントロールすることで、「ピーク輝度の高さと黒の締まりを両立する」とのこと。総合出力80Wマルチアンプ駆動の「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPROII」や、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」(別売りの「タイムシフトマシン」対応USB HDDが必要)といった機能も備える。

デザイン面では、メッシュ素材を使ったメタリックサウンドバーグリルや、ガンメタリックカラーのプレートを使ったテレビスタンドを採用。リモコンのデザインもガンメタリックカラーに変更するなど、「4K液晶レグザのフラッグシップモデルにふさわしい高品位なデザイン」を実現したとのことだ。

このほか主な仕様は共通で、画面解像度が3840×2160ドット。HDRをサポートし、「HDR 10+」「HDR 10」「HLG」規格に対応。チューナーはBS4K/110度CS4Kチューナー×2基、地上デジタルチューナー×9基、BS/110度CSデジタルチューナー×3基を装備する。

65V型「65Z740XS」の本体サイズは145.3(幅)×88.1(高さ)×29(奥行)cm、重量は33kg(いずれも卓上スタンド含む)。

55V型「55Z740XS」の本体サイズは123.5(幅)×75.9(高さ)×23.6(奥行)cm、重量は21.5kg(いずれも卓上スタンド含む)。

50V型「50Z740XS」の本体サイズは111.8(幅)×69.7(高さ)×23.6(奥行)cm、重量は19kg(いずれも卓上スタンド含む)。

価格はオープン。

関連記事