【Lenovo】レノボ、Android OSにも対応した「ThinkPad トラックポイント キーボード II」(キーボード)

104

製品名:

概要(価格.comより引用)

レノボ・ジャパンは、トラックポイント付きワイヤレスキーボード「ThinkPad トラックポイント キーボード II」を発表。5月26日より発売した。

「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」の後継モデル。シザー・リフト・キー・メカニズムを採用し、ThinkPad同様のタイピング感覚を実現したとのこと。

接続方法は、Bluetooth 5.0接続、または2.4GHzワイヤレス対応のUSBレシーバーによる、デュアルワイヤレス接続を採用。通信はAES-128bitで暗号化し、接続モードは切り替えボタンから変更できる。

対応OSはWindows 10、Windows 7に加えて、Android 8.0以上をサポート。Android OSにも対応するため、スマートフォンやタブレット用のキーボードとしても利用可能だ。このほか、点字入力をサポートする6点入力機能も実装した。

主な仕様は、キーストロークが約1.8mm、キーピッチが約19.05mm。バッテリー駆動時間は約2か月間(キーボード入力を1日に3時間、アイドルモードで5時間、1週間5日使用を想定した場合)。

本体サイズは約164(幅)×13.7(高さ)×305.5(奥行)mm、重量は約516g。

価格は14,500円(税別)。

■関連リンク

レノボ、ThinkPadトラックポイント・キーボード初のワイヤレスモデルなど

関連記事