【ヤマハ】ヤマハ、幅60cmのサウンドバー「SR-C20A」にカラバリ「ホワイト」と「レッド」(ホームシアター スピーカー)

39

製品名:SR-C20A(W)/SR-C20A(R)

SR-C20A(W)/SR-C20A(R)

概要(価格.comより引用)

ヤマハは、横幅60cmのコンパクトなサウンドバー「SR-C20A」のカラーバリエーションモデルとして、「SR-C20A(W)ホワイト」と「SR-C20A(R)レッド」を発表。6月上旬より発売する。

同社史上最小(同社サウンドバー製品の容積比較において)となる横幅60cmのコンパクトボディで、テレビやパソコンの前にも手軽に設置できるサウンドバー「SR-C20A」のカラーバリエーションモデル。

今回、シックで落ち着いた空間に調和する「ホワイト」と、本格的なゲーム環境などにマッチする「レッド」の2色を新たにラインアップする。

「SR-C20A」はコンパクトなボディに4.6cmフルレンジスピーカーを2基、7.5cmサブウーハー1基とパッシブラジエーター2つを搭載。サブウーハーとパッシブラジエーターにはウェーブガイドを採用した本格設計を採用した。

また、「クリアボイス」や「バスエクステンション」、同社独自チューニングのサラウンド技術によりテレビの音を聴きやすくグレードアップし、サイズを超えた豊かな低音と臨場感を再現するという。

このほかBluetoothに対応。専用アプリ「Sound Bar Remote」による操作が可能。ARC対応のHDMI端子搭載で簡単に接続できる。

本体サイズは600(幅)×64(高さ)×94(奥行)mm(テレビ前置き設置時)。重量は1.8kg。

市場想定価格は21,800円前後。

■関連リンク

ヤマハ、幅60cmのコンパクトなサウンドバー「SR-C20A」

関連記事