【CANON】キヤノン、“普及価格帯”をうたう小型・軽量の超望遠単焦点RFマウントレンズ2種(レンズ)

67

製品名:「RF600mm F11 IS STM」

「RF600mm F11 IS STM」

概要(価格.comより引用)

キヤノンは、「RFレンズ」の新モデルとして、超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」を発表。7月下旬より発売する。

いずれも、超望遠レンズとして世界最軽量(「RF600mm F11 IS STM」は焦点距離600mm、「RF800mm F11 IS STM」は焦点距離800mmを含むレンズ交換式カメラ用オートフォーカス対応の交換レンズとして世界最軽量を実現。2020年7月8日現在。同社調べ)のコンパクトなボディと「普及価格帯」を両立させたという点が特徴。「高い機動性と携帯性を備えることで、野生動物や航空機、スポーツなどの超望遠撮影を楽しめる」と説明する。

具体的には、DO(Diffractive Optical element=回折光学素子)レンズや開放F11の固定絞り構造、筐体への樹脂部材の活用により、小型・軽量設計を実現。「RF600mm F11 IS STM」は重量約930g、「RF800mm F11 IS STM」は重量約1260gを達成した。沈胴構造も採用し、持ち運ぶ際にレンズ本体をコンパクトに収納できるなど、高い携帯性を備える。

また、密着2層型回折光学素子を用いたDOレンズを含む新規光学系の採用によって、望遠レンズに発生しやすい色収差をはじめとする諸収差を抑制し、すぐれた描画性能と、小型・軽量を両立させるとのこと。

さらに、手持ち撮影をアシストする手ブレ補正や、リードスクリュータイプのステッピングモーター(STM)による静止画撮影における高速・高精度AF(同レンズ使用時のカメラの測距可能エリアは、撮像面の横は約40%、縦は約60%の範囲)と動画撮影時のなめらかなAF、露出補正の設定などを任意に割り当てて使用できるコントロールリングなどにより、快適に撮影できるとのことだ。

「RF600mm F11 IS STM」の主な仕様は、レンズ構成が7群10枚、最小絞り11(絞りF11固定)、最短撮影距離が4.5m、最大撮影倍率が0.14倍、フィルター径が82mm。本体サイズは93(最大径)×269.5(長さ)mm、重量は 約930g。

「RF800mm F11 IS STM」の主な仕様は、レンズ構成が8群11枚、最小絞りが11(絞りF11固定)、最短撮影距離が6m、最大撮影倍率が0.14倍、フィルター径が95mm。本体サイズは101.6(最大径)×351.8(長さ)mm、重量は約1260g。

キヤノンオンラインショップでの価格は、「RF600mm F11 IS STM」が96,800円、「RF800mm F11 IS STM」が124,300円。

「「RF600mm F11 IS STM」」に関する他の記事

Adobe Lightroom用コントローラ「Loupedeck」多数のつまみやダイヤル、ボタンなどで操作可能なLightroom専用コントローラ | CAMEOTA.com
日立製作所がレンズ不要のレンズレスカメラ技術を発表。 | CAMEOTA.com
OM-D E-M1 Mark IIは、手持ちでシャッタースピード5秒、15秒の撮影でも手ブレしない!? | CAMEOTA.com
ハクバ「くびの負担がZEROフック」バックパックでネックストラップでのカメラの重さを軽減するフック。 | CAMEOTA.com
コダックがAndroidスマホ「KODAK EKTRA」を発表。 | CAMEOTA.com

関連記事