【Razer】Razer、小型ワイヤレスキーボード「BlackWidow V3 Mini HyperSpeed」(キーボード)

42

製品名:Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed

Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed

概要(価格.comより引用)

Razerは、キーボード「Razer BlackWidow」シリーズより、小型モデル「Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed」を発表。ラインアップとして、グリーンスイッチとイエロースイッチの2種類のそれぞれに日本語配列モデルと英語配列モデルを用意。日本語配列モデルを5月28日より、英語配列モデルを6月11日より発売する。

従来よりも小型なキーボードに、方向キー、ナビゲーションキーを搭載しており、コンパクトさを保ちながら機能性を維持したモデル。独自のワイヤレス技術「HyperSpeed Wireless Technology」を採用し、低遅延と高速伝送でキー入力を瞬時に実行するほか、安定性にもすぐれ、周波数をシームレスに切り替えて安定性を維持できる。

さらに、キーにはクリアハウジングを採用。RGBライティング機能「Razer Chroma RGB」の明度を高めている。

キースイッチは、押下圧50G、アクチュエーションポイント1.9mmの「Razer グリーンメカニカルスイッチ」と、押下圧45G、アクチュエーションポイント1.2mmの「Razer イエローメカニカルスイッチ」の2種類を用意する。

接続は、HyperSpeed Wireless、Bluetooth、USB-Cの3通りに対応する。

このほか、本体サイズは318.5(幅)×40.5(高さ)×130(奥行)mm。重量は718g。

価格はいずれも22,780円。

「Razer BlackWidow V3 Mini HyperSpeed」に関する他の記事

「Razer Phone 2」発表。性能向上とIP67防塵防水仕様が目玉のゲーマー向けスマートフォン第2世代モデル
4Gamerのキーボードレビューをプロゲーマーのdelave氏が新たに担当。まずは既存のキースイッチを一斉テストのうえ,レビュー方針を大いに語る
Razer,追加ボタン搭載のPC&Xbox One用ゲームパッド「Razer Wolverine」シリーズ2製品を国内発売 - 4Gamer.net
「Razer DeathAdder 3500」レビュー。最新世代のセンサーを搭載し,定番モデルはどう進化したのか
4Gamer.net ― Razer,ゲーム機向け周辺機器市場へ参入。第1弾はXbox 360用ゲームパッド&ヘッドセット(Razer)
“MMO専用”マウス「Naga」&バーチャルサラウンドヘッドセット「Megalodon」。Razerの新製品2モデルが12月17日国内発売
Razer USA,3.5G光学センサー搭載で49.99ドルのゲーマー向けマウス「Razer Abyssus」発表

関連記事