【オリンパス】オリンパス、「OM-D E-M5 Mark III 12-45mm F4.0 PROキット」を6/26発売(デジタル一眼カメラ)

65

製品名:「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 12-45mm F4.0 PROキット」

「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 12-45mm F4.0 PROキット」

概要(価格.comより引用)

オリンパスは、「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III 12-45mm F4.0 PROキット」を発表。6月26日より発売する。

ミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」(ブラック、シルバー)と標準ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」を組み合わせたレンズキット。「本格的な撮影も軽快に行える」と同社では紹介している。

「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark III」は、マイクロフォーサーズシステム規格に準拠したミラーレスカメラ。121点オールクロス像面位相差AFを搭載する。スポーツなどの動きの激しい被写体に対応する、AF/AE追従で最大10コマ/秒の高速連写も可能だ。

仕様面では、有効約2037万画素の4/3型Live MOSセンサー、最新の高速画像処理エンジン「TruePic VIII」を装備。本体サイズは125.3(幅)×85.2(高さ)×49.7(奥行)mm(突起部含まず)、重量は約414g(付属バッテリー、メモリーカード含む。アイカップなし)、366g(本体のみ)。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」は、広角24mmから望遠90mm(35mm判換算)の焦点域をカバーした標準ズームレンズ。雨やホコリの侵入を防ぐシーリングを9か所に施した、防塵・防滴性能も備える。本体サイズは63.4(最大径)×70(全長)mm、重量は254g。

同レンズキットの直販価格は160,600円。

■関連リンク

オリンパス、より小型・軽量になったミラーレス「OM-D E-M5 Mark III」発売日決定

オリンパス、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PRO」発売日決定

関連記事