【パナソニック】パナソニック、220度の高温スチームを採用した炊飯器「SR-STS1シリーズ」2機種(炊飯器)

88

製品名:SR-STS101

SR-STS101

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、スチームIHジャー炊飯器「SR-STS1シリーズ」2機種を発表。0.5〜5.5合炊きモデル「STS101」、1合〜1升炊きモデル「STS181」をラインアップし、7月1日に発売する予定だ。

130〜220度の高温スチームを搭載したおどり炊きモデル。スチームの熱でお米の周りをコーティングし、芯までしっかり加熱することで、旨みを閉じ込めておいしく炊き上げるという。

また、保温ご飯の乾燥や黄ばみを抑える「スチーム保温」と、まとめ炊きに適した「冷凍用ごはんコース」も搭載。さらに、「ダイヤモンド竈釜」と、その全面を包み込むように搭載した「全面発熱6段IH」を採用した。

本体サイズおよび重量は、「STS101」が26.6(幅)×33.8(高さ)×23.3(奥行)cm、6.6kg。「STS181」が29.2(幅)×36.5(高さ)×26.7(奥行)cm、7.8kg。ボディカラーはいずれもホワイト。

価格はいずれもオープン。

関連記事