【最新情報】ソフトバンク、税別月2,980円の「20GB+LINE」プランを新ブランドで提供へ(スマートフォン)

51

製品名:

概要(価格.comより引用)

ソフトバンクは2020年12月22日、オンライン専用の新ブランドを立ち上げ、月額2,980円でデータ容量20GBを利用できる、4G/5G共通の新料金サービスを2021年3月から提供すると発表した。本文中、記載のある場合を除いて税別。

新ブランドでは、「SoftBank on LINE」をブランドコンセプトに、コミュニケーションアプリ「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINE がギガノーカウント」を提供するほか、「LINEを通じて、さまざまな手続きができるようにする予定」とのことだ。

なお、「LINE がギガノーカウント」の対象は、LINE トーク/LINE 通話などを予定しているとのこと(「LINE」内で使い放題の対象外となるサービスや、技術的要因などにより、使い放題の対象外となる場合がある)。また、有料コンテンツを利用する場合は、別途支払いが必要。詳細については後日アナウンスする予定だ。

具体的に、「オンライン専用新ブランド」による「月額2,980円の新料金サービス」では、基本使用料2,980円で、毎月のデータ容量20GBが使用可能(データ容量超過時の通信速度は最大1Mbps。データ容量を超えた場合、500円/1GBで追加可能)。加えて、「LINE」がデータ容量を消費せずに使い放題となる「LINE がギガノーカウント」を利用できる。5Gをサポートするほか、「eSIMにも対応する予定」とのことだ。

また、通話に関しては、5分以内の国内通話が何度でも無料だ(1回当たり5分を超える国内通話は20円/30秒の通話料が別途かかる。また、5分を超える国内通話も無料になる月額1,000円の通話オプションに加入することも可能。一部、無料対象外の通話がある)。

このほか、「MNO(移動体通信事業者)品質のネットワーク」について、ソフトバンクでは「ソフトバンクの自社ブランドとして、“ソフトバンク”および“ワイモバイル”と同じネットワーク、同じ品質で各種サービスを利用できる」とアナウンスしている。

手続きに関しては、オンラインブランドとして店舗を持つことなく、サービスの契約など、すべての手続きをオンライン上で操作できるとのこと。契約後のユーザーサポートなども、オンラインでのチャットサービスを中心に対応する。さらに「LINE」を使って、さまざまな手続きを行えるようにする予定だ。

今回の取り組みは、2021年3月に予定している、LINE株式会社とZホールディングス株式会社の経営統合を機に、「ソフトバンク株式会社が、LINE プラットフォームを活用した通信事業における新サービスを提供することについて、LINE株式会社と今後、詳細を協議していくことで実現するもの」になるとのこと。

なお、現在MVNO サービスを提供しているLINE モバイル株式会社については今後、ソフトバンク株式会社の100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定だ。

「オンライン専用新ブランド」の名称などの詳細は今後、決まり次第改めてアナウンスするとしている。

■関連リンク

auの“割引適用前9,350円”プランに注目集まる、ドコモ「ahamo」対抗は今後か?

押さえておきたい、ドコモの月額税別2,980円新プラン「ahamo(アハモ)」の注意点

ドコモが月20GB/税別2,980円の新プラン「ahamo」発表、キャリアメールは提供なし

au、税別月9,350円からの「データMAX 5G with Amazonプライム」など新料金プラン発表

ソフトバンク、「新しい料金サービスに関する発表会」を12月22日10時に開催

ワイモバイル、5Gサービスと新料金プランを2021年2月に開始

ソフトバンク、税別月6,580円の「メリハリ無制限」を2021年3月より提供

関連記事