【SONY】ソニー、防水・防塵・防錆(ぼうせい)の低音重視Bluetoothスピーカー新モデル(Bluetoothスピーカー)

94

製品名:「SRS-XB43」

「SRS-XB43」

概要(価格.comより引用)

ソニーは、迫力のある重低音を楽しめる「EXTRA BASS(エクストラベース)」シリーズより、Bluetoothスピーカーの新モデル3機種を発表した。

ラインアップは、「SRS-XB43」(ブラック、ベージュ)、「SRS-XB33」(ブラック、ベージュ)、「SRS-XB23」(ブラック、ベージュ、ブルー、レッド、グリーン)の3機種で、7月3日より発売する。

いずれも、スピーカー本体のコンパクトさはそのままに、従来機種(「SRS-XB43」と「SRS-XB41」、「SRS-XB33」と「SRS-XB32」、「SRS-XB23」と「SRS-XB22」)と比べて振動板面積を拡大した、ソニー独自の「X-Balanced Speaker Unit」を搭載した点が特徴。

超楕円形のスピーカーユニットを採用した「SRS-XB43」は大音圧に加えて、豊かな厚みのある低音を楽しめるとのこと。ソニーが特許を取得した非対称形のスピーカーユニット採用の「SRS-XB33」および「SRS-XB23」は、広がりのある音場と大音圧、歪みの少ないクリアな音質のリスニングを体験できるという。

また、「X-Balanced Speaker Unit」の搭載にあわせて、低域を増強するパッシブラジエーターの配置を筐体の前後から両側面へと最適化。従来機種と比べて、「SRS-XB43」は約15%、「SRS-XB33」は約54%、「SRS-XB23」は約32%、パッシブラジエーターの面積を拡大させたことで、よりクリアな重低音を実現するという。

さらに、振動板の素材には、ソニーのオーディオ機器の上位モデルにも使われている発泡マイカを採用。「SRS-XB43」は「X-Balanced Speaker Unit」に最適化した新設計のトゥイーターを内蔵した「2Way Speaker System(ツーウェイスピーカーシステム)」により、透明度の高いボーカルも楽しめるとのことだ。

このほか、Bluetoothの仕様は共通で、バージョンが5.0、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBC、AAC、LDACをサポートする。IP67相当の防水・防塵性能に加えて、防錆(ぼうせい)性能も備えた。

「SRS-XB43」の電池持続時間(Bluetooth接続時)は約24時間(STAMINAモード)/約14時間(EXTRABASSモード)。本体サイズは325(幅)×123(高さ)×117(奥行)mm、重量は約2950g。

「SRS-XB33」の電池持続時間(Bluetooth接続時)は約24時間(STAMINAモード)/約14時間(EXTRABASSモード)。本体サイズは246(幅)×97(高さ)×106(奥行)mm、重量は約1100g。

「SRS-XB23」の電池持続時間(Bluetooth接続時)は約12時間(STAMINAモード)/約10時間(EXTRABASSモード)。本体サイズは76(直径)×218(高さ)×106(奥行)mm、重量は約580g。

市場想定価格は「SRS-XB43」が23,000円前後、「SRS-XB33」が18,000円前後、「SRS-XB23」が12,000円前後(いずれも税別)。

関連記事