【最新情報】【キヤノンまとめ】次世代フルサイズ「EOS R5」「EOS R6」や新RFレンズなど発表(デジタル一眼カメラ)

111

製品名:EOS R5/R6

EOS R5/R6

概要(価格.comより引用)

キヤノンは、7月9日に21時に配信した「Canon EOS Presentation」において、次世代フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」「EOS R6」や、RFレンズ、RFレンズ専用のエクステンダーを発表した。

■「EOS R5」

「EOS R5」は、2月に開発を発表した製品。同社は「5」という数字を大切にしており、これまで、フルサイズ一眼レフカメラ「5D」(2005年発売)、「EOS 5D Mark II」(2008年発売)、「EOS 5D Mark III」(2012年発売)、「EOS 5D Mark IV」(2016年発売)を展開している。

同社が情熱を注いで開発したという「EOS R5」は、新開発の有効約4500万画素フルサイズCMOSセンサーと新映像エンジン「DIGIC X」、高性能な「RFレンズ」により、「EOSシリーズ史上最高の解像性能」を実現したのが特徴だ。

また、電子シャッターによる撮影時は最高約20コマ/秒(EF-Sレンズ使用時を除く。絞り開放時)、メカシャッター/電子先幕による撮影時は最高約12コマ/秒(「RFレンズ」および一部のEFレンズ使用時)の高速連写に対応する。

動画機能では、8K/30p動画撮影機能を搭載。8Kの豊富なデータ量を生かした、高画質な4K動画を撮影することも可能という。

手ブレ補正では、ボディ内5軸手ブレ補正機構をEOSシリーズで初めて装備。レンズ側の光学式手ブレ補正機構との協調制御による最大8.0段の手ブレ補正を実現し、望遠撮影や手持ち撮影といった、手ブレの発生しやすい環境でも快適に撮影できるとのことだ。

キヤノン、8K動画記録対応のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」

■「EOS R6」

2月には発表されなかった「EOS R6」も登場。一眼レフカメラ「EOS 6D」シリーズの系譜を受け継いだモデルながら、「EOS 5D」の弟分、小型・軽量フルサイズという印象ではなくなっている。「EOS R6」では、「EOS R5」と同じく、ボディ内5軸手ブレ補正、電子シャッターによる最高約20コマ/秒の高速連写を実現。同社では、フルサイズミラーレスカメラの「NEW STANDARD.」と位置づけている。

キヤノン、20コマ/秒の高速連写に対応したフルサイズミラーレス「EOS R6」

■RFレンズ、エクステンダー

RFレンズの新製品として、中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」、超望遠単焦点レンズ「RF600mm F11 IS STM」「RF800mm F11 IS STM」、ハイアマチュアユーザー向けの超望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」が正式に発表。焦点距離を1.4倍/2倍に伸ばすRFレンズ専用のエクステンダーも発表された。

キヤノン、RFマウント対応の中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」

キヤノン、“普及価格帯”をうたう小型・軽量の超望遠単焦点RFマウントレンズ2種

キヤノン、プロ・ハイアマ向け超望遠ズーム「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」

キヤノン、焦点距離を1.4倍/2倍に伸ばすRFレンズ専用のエクステンダー

「EOS R5/R6」に関する他の記事

圧倒的じゃないかキヤノンの新型は! ベールを脱いだ「EOS R5」の性能が凄すぎる! - 価格.comマガジン
【本日21時より】Canon EOS Presentation開催!気になるEOS R5 / R6のスペックをまとめてみた。 - photohibi
値上がり - ある日の写真
懐かしのフィルムカメラをデジカメに変身させる「I'm Back 35」 | ギズモード・ジャパン
雨の日だからジャズでも勉強しよう

関連記事