【センター商事】煙の発生を抑制、室内で手軽に焼肉が楽しめる「黄土炭火電気グリル」(ホットプレート)

14

製品名:黄土炭火電気グリル ECGH-C800J

黄土炭火電気グリル ECGH-C800J

概要(価格.comより引用)

センター商事は、「黄土炭火電気グリル ECGH-C800J」を5月17日より販売開始した。

煙の発生を少なく抑え、室内で手軽に焼き肉が楽しめる家庭用グリル。炎の上に肉の脂を落とさず、付属の油受け(水トレー)に落とすことで煙の発生を抑制するという。油受け(水トレー)はスライド式で、両側から脱着が可能だ。

発表によれば「黄土セラミックの遠赤外線と輻射熱で炭火焼の味を実現する」とのこと。フッ素加工を施したグリルのほか、炒め物や鍋料理などができるフライパンも付属する。さらに、フタを閉めれば蒸し料理も作れる。

セット内容は、本体、フッ素樹脂コーティンググリル、油受け(水トレー)、保管バッグ、フライパン、温度調節器+電源ケーブル(長さ約150cm)、グリルフタ、取り扱い説明書(日本語)、フタハンドル1セット、ゴム足4個。

このほか、消費電力は1200W。サイズは、本体が約465(幅)×260(高さ)×96(奥行)mm、グリルが約380(幅)×260(高さ)×40(奥行)mm、フタが約360(幅)×220(高さ)×60(奥行)mm(ハンドルの高さ22mm)、フライパンが約380(幅)×260(高さ)×57(奥行)mm(深さ27mm)、油受け(水トレー)が約365(幅)×260(高さ)×30(奥行)mm。重量は約4.5kg。

価格は24,800円。

関連記事