【シャープ】ドコモ、「テザリングオート」搭載の5Gスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」発売日決定(スマートフォン)

33

製品名:AQUOS sense5G SH-53A

AQUOS sense5G SH-53A

概要(価格.comより引用)

NTTドコモは、5G対応スマートフォン「AQUOS sense5G SH-53A」(シャープ製)の発売日を決定。2月5日よりドコモオンラインショップにて事前購入受付を開始し、2月12日より発売する。

なお、発売に先立ち、ドコモオンラインショップ限定カラー3色(スカイブルー、イエローゴールド、コーラルレッド)については、2月5日に発売する。

「AQUOS sense5G SH-53A」は、機能と価格のバランスがとれた5G対応スタンダードモデル。「AQUOS sense」シリーズとして初めて5Gに対応している。

また、「AQUOS」シリーズ最大となる4570mAhの大容量バッテリーと、省エネ性能にすぐれた5.8型IGZO液晶ディスプレイ(2280×1080ドット)を搭載。5Gの高速通信と1週間の電池持ちを両立するほか、12時間以上の動画の連続再生が可能だ。

さらに、2019年度モデル「AQUOS sense3 SH-02M」と比較し、CPU性能およびUFSストレージの読み込み速度が約2.4倍に向上している。

カメラ機能では、メインカメラとして、1200万画の標準カメラ、1200万画の広角カメラ、800万画素の望遠カメラのトリプルカメラを採用。サブカメラには800万画素カメラを搭載する。

機能面では、自宅にいるときだけテザリングを自動でONにする「テザリングオート」や、動画視聴時にワンボタンで画面を上下2段に分割表示し、上段で動画を見ながら、下段でインターネットやSNSの閲覧などを同時に楽しめる。指紋センサーを数秒押し続けることで決済アプリを起動できる「Payトリガー」も新たに搭載する。

主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 690 5G」、メモリーが4GB、ストレージが64GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大1TB)に対応。OSは「Android 11」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.1に対応する。

5Gの最大通信速度は、受信時2.1Gbps、送信時218Mbps。

このほか、IPX5・IPX8の防水、IP6Xの防塵、顔認証、指紋認証、おサイフケータイ、NFCをサポートする。

本体サイズは71(幅)×148(高さ)×8.9(奥行)mm、重量は約178g(電池を含む)。

ボディカラーは、ライトカッパー、ニュアンスブラック、オリーブシルバー、ライラックの4色と、ドコモオンラインショップ限定カラーのスカイブルー、イエローゴールド、コーラルレッドの3色の計7色を用意する。

■関連リンク

ドコモ、「テザリングオート」を搭載した5Gスマホ「AQUOS sense5G SH-53A」

【まとめ】ドコモが2020-2021年冬春モデル発表、5Gスマホは6機種が登場

「AQUOS sense5G SH-53A」に関する他の記事

シャープ、日本向けスマホ・タブレットのAndroid 11へのOSバージョンアップ対象機種を案内!AQUOS R2・sense2やAndroid One S3などは対象外 - S-MAX

関連記事