【BenQ】BenQ、4K UHD解像度のDLPゲーミングプロジェクター「TK700STi」(プロジェクタ)

58

製品名:TK700STi

TK700STi

概要(価格.comより引用)

ベンキュージャパンは、HDR10/HLG対応のDLPゲーミングプロジェクター「TK700STi」を4月10日より発売すると発表した。

4K UHD解像度(3840×2160ドット)を実現したゲーミングプロジェクター。約2mの距離から100型以上の4K映像を投写できる短焦点設計を採用。高輝度3000ルーメンで、明るい部屋や狭い部屋などのあらゆる環境で、大画面で投影できるという。

また、応答速度は4K/60Hz動作時で16.7ms、1080p/240Hz動作時で約4.2msの低入力遅延を実現。同社独自の「FPS/SPG/RPG」の3つのゲームモードを搭載した。

さらに、Android TV 9.0に対応し、Google Play Store内のコンテンツにも対応。このほか、音質面では、立体感のあるクリアなサウンドを提供するという「CinemaMaster Audio+2」技術の5Wスピーカーを装備した。

主な仕様は、投写方式が単板DLP方式、解像度が4K UHD(3840×2160ドット)、輝度が3000ルーメン、色域がRec.709カバー率96%、ズームが光学1.2倍、コントラスト比が10000:1、画面サイズが60〜200型、アスペクト比が16:9。

映像入力端子として、HDMI 2.0×2(うち1つはeARC対応)、Android TV ドングル専用HDMI×1を装備。また、3.5mmオーディオミニジャック×1、給電用USB Type-A×1、RS232×1(9ピン)も備える。

本体サイズは312(幅)×110(高さ)×246(奥行)mm、重量は約3.1kg。ボディカラーはパールホワイト。

価格はオープン。

関連記事