【Apple】日本国内で「Apple Watch」の心電図アプリが利用可能に、アップルが発表(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

29

製品名:日本国内で「Apple Watch」の心電図アプリが利用可能に

日本国内で「Apple Watch」の心電図アプリが利用可能に

概要(価格.comより引用)

アップルは1月22日、今後配信予定の「iOS 14.4」および「watchOS 7.3」のリリースによって、日本国内でも、心電図アプリケーションが「Apple Watch Series 4/5/6」で利用できるようになると発表した。

なお、同社によれば、「心電図アプリケーションおよび不規則な心拍の通知機能は、日本において、それぞれ管理医療機器(家庭用心電計プログラム)および管理医療機器(家庭用心拍数モニタプログラム)として、厚生労働大臣から承認を受けている」とアナウンスしている。

今回提供する機能によって、ユーザーが手首の上で、心電図を記録することが可能になる。「自分の心臓の健康について知りたいと思った時に心拍リズムを記録、重要な情報を医師に共有できる」という。

また、「Apple Watch Series 3」以降で利用できる不規則な心拍の通知機能は、「バックグラウンドで心拍リズムを時折チェックし、心房細動(AFib)の兆候がある不規則な心拍リズムを特定した場合に通知する」とのことだ。

具体的には、「Apple Watch Series 4/5/6の裏蓋にあるクリスタルとDigital Crownに組み込まれている電極が、心電図アプリケーションと連係して、第I誘導心電図に類似した心電図を記録する」という。

心電図を記録するには「Apple Watch Series 4/5/6」で心電図アプリケーションを開いて、Digital Crownに指をあてる。「ユーザーがDigital Crownに触れると回路が機能し、心臓を通る電気信号が記録され、30秒後、心拍リズムは心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能のいずれかに分類。すべての記録、記録の分類、注意が必要な症状は、iPhoneのヘルスケアアプリに保存される」と同社では説明する。

■関連リンク

アップル、血中酸素濃度センサーを新搭載した「Apple Watch Series 6」

アップル、常時表示やコンパスに対応した「Apple Watch Series 5」を9/20発売

アップル、表示領域が30%以上拡大した「Apple Watch Series 4」

関連記事