【LGエレクトロニクス】画面が振動して音を再生、LGが折り曲げ可能な「CSOディスプレイ」を海外発表(PCモニター・液晶ディスプレイ)

12

製品名:「シネマティックサウンドOLED(CSO)ディスプレイ」

「シネマティックサウンドOLED(CSO)ディスプレイ」

概要(価格.comより引用)

LG Electronicsは、「CES 2021」(2021年1月11日開催)において、48型で折り曲げ可能な「シネマティックサウンドOLED(CSO)ディスプレイ」を発表することを明らかにした。

「CSOディスプレイ」は、「紙のように薄い画面」を採用し、「最大1000Rの曲率半径によって、曲がったり展開したりする」とのこと。たとえば、「テレビを視聴する場合はフラットにさせて、ゲームをプレイする際はディスプレイを湾曲させて利用できる」と説明する。

さらに音質面では、「スピーカーを使用せず、OLEDディスプレイを振動させて音を発生させる」という点が特徴。「画面上のキャラクターがユーザーに直接話しかけているような臨場感を楽しめる」と、同社では説明している。

このほか、ディスプレイの応答時間は0.1ms、リフレッシュレートは40Hz〜120Hz。フリッカーフリー機能も備える。

関連記事