【コシナ】コシナ、大口径Eマウントレンズ「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」発売日決定(レンズ)

26

製品名:NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE

NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE

概要(価格.comより引用)

コシナは、ソニーEマウント対応の交換レンズ「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」の発売日を発表。5月27日に発売する。

「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」は、フォクトレンダーブランドの交換レンズ。スチル撮影に特化した設計思想を採用し、コンパクトなサイズと大口径を両立させたという点が特徴だ。

ソニーEマウントに対応し、電子接点の搭載よって、撮影データのExif情報にレンズの使用状況を反映。距離エンコーダーを内蔵しており、カメラボディ側の5軸手ブレ補正に対応する。フォーカスリングの操作による、ファインダーの拡大表示なども可能だ。

主な特徴は、焦点距離が35mm、口径比が1:1.2、最小絞りがF22、レンズ構成が7群9枚、画角が61.9度、絞り羽根枚数が12枚、最短撮影距離が0.3m、最大撮影倍率が1:5.8、フィルター径が58mm。本体サイズは66.5(最大径)×59.9(全長)mm、重量は387g。

価格は115,000円(税別)。

■関連リンク

コシナ、コンパクトボディと大口径を両立させたEマウントレンズ3種

「NOKTON 35mm F1.2 Aspherical SE」に関する他の記事

踏まれ道
α7でMマウントのマニュアルレンズがAF可能に!!!TechartのEマウント用Mマウントアダプター | CAMEOTA.com
ついにα7でニコンFマウントがAF可能に!Commlite ソニーEマウント用 電子接点付AF対応 ニコンFマウンアダプターが発売開始された模様。 | CAMEOTA.com
とるなら~写真道楽道中記~

関連記事