【Apple】アップル、Apple Watchで「心肺機能レベルの通知」が利用可能に(ウェアラブル端末・スマートウォッチ)

16

製品名:アップル、Apple Watchで「心肺機能レベルの通知」が利用可能に

アップル、Apple Watchで「心肺機能レベルの通知」が利用可能に

概要(価格.comより引用)

アップルは12月15日より、Apple Watchで心肺機能レベルの通知が受けられるようになったと発表した。

同機能は、「iOS 14.3」と「watchOS 7.2」により、iPhone上のヘルスケアアプリの「心肺機能」カテゴリーにアクセスすることで利用可能。「Fitness Registry and Importance of Exercise National Database(FRIEND)」のデータで参照された同年代の同性の人たちと比較して、心肺機能レベルが「高い」「平均より上」「平均より下」「低い」のどの評価に当たるのかを確認できる。

加えて、心肺機能のレベルが過去の週、月、年からどのように変化したかを確認することも可能。ユーザーのレベルが「低い」となった場合には、Apple Watchで通知を受け取れる。

同社は「watchOS 7でリリースしたテクノロジーにより、Apple Watchで“低い”心肺機能レベルを簡単に測定できるようになっていた」ことを挙げたうえで、今回受けられるようになった心肺機能レベルの通知について、「ユーザーが長期的な健康効果を飛躍的に高めるために、より活動的に動くことの動機付けになる」と発表している。

■関連リンク

アップル「iOS 14.3」配信開始、iPhone 12 Pro/Pro MaxでApple ProRAW撮影が可能に

関連記事