【GPD】天空、通風口を2倍以上大きくした「GPD WIN2 2021バージョン」を50台限定発売(ノートパソコン)

55

製品名:「GPD WIN2 2021バージョン」

「GPD WIN2 2021バージョン」

概要(価格.comより引用)

天空は、GPDダイレクトのHPリニューアルオープンにともなって、GPD Technology製の「GPD WIN2 2021バージョン」を限定50台として、同サイトで発売開始した。

今回発売する「2021バージョン」では、背面のデザインを変更。従来のデザインから、通風口を2倍以上大きくしたという。さらに、別売りオプションのメタルカバーを標準装備する。

また、リカバリー機能の搭載、256GB SSDの装備、メインマザーボードの設計見直し、microSDメモリーカードスロットの性能向上、5V充電の対応、オーディオの改善といった特徴を備える。

このほか、表示部が10点マルチタッチ対応の6型液晶(1280×720ドット)、CPUが「Core m3-8100Y」、メモリーが8GB LPDDR3。バッテリー容量は4900mAh×2で、駆動時間が6〜8時間。本体サイズは162(幅)×25(高さ)×99(奥行)mm。重量は約460g。

限定価格(税別)は72,800円(2020年12月28日10時時点)。

「「GPD WIN2 2021バージョン」」に関する他の記事

天空、「GPD WIN2 2021バージョン」を限定販売 - ITmedia PC USER

関連記事