【最新情報】エイサー、300Hz液晶や「GeForce RTX 2080 SUPER」を搭載した「Predator Triton 500」(ノートパソコン)

52

製品名:Predator Triton 500

Predator Triton 500

概要(価格.comより引用)

日本エイサーは、最上位のゲーミングブランド「Predator」より、15.6型ゲーミングノートパソコン「Predator Triton 500」の新モデルとして「PT515-52-A73Y8」を発表。9月10日より発売する。

リフレッシュレート300Hz対応の15.6型フルHD液晶(1920×1080ドット、非光沢)を搭載したモデル。オーバードライブ時の応答速度は3msとなるほか、NVIDIA G-SYNC技術により、映像のカクツキを抑えられる。

冷却面では、通常のファン2基に加えて、厚さ0.1mmのブレード59枚で構成した、第4世代AeroBlade 3Dファンを搭載。静かで高速に飛行できるフクロウの羽に着目し、ファンのエッジをギザギザ状にすることで風量を増加させ、静音性を向上。加えて、5基の銅製ヒートパイプを配備することで、キーボード周辺の熱を効率的に排除している。

機能面では、PredatorSenseを起動せずにすぐにオーバークロックできる「Turboキー」や、グラフィックスのオーバークロック、冷却ファンの個別制御などのシステム設定へアクセスできる「PredatorSenseキー」を搭載する。

主な仕様は、CPUが「Core i7-10875H」、GPUが「GeForce RTX 2080 SUPER with Max-Q Design」、メモリーが32GB、ストレージが512GB SSD。OSは「Windows 10 Home」をプリインストールする。

無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応。インターフェイスとして、USB 3.1 Gen2 Type-C×1、USB 3.0×3、ギガビットLAN×1、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、ヘッドホン×1、マイク×1などを装備する。

このほか、バッテリー駆動時間は約7時間。本体サイズは358.5(幅)×17.9(高さ)×255.0(奥行)mm。重量は約2.1kg。ボディカラーはアビサルブラック。

価格はオープン。

「Predator Triton 500」に関する他の記事

数字で推測。Apple Siliconってどれくらいパワフルなの? | ギズモード・ジャパン
西川善司の3DGE:徹頭徹尾GeForceづくしだったCES 2019のNVIDIA。AIも自動運転もテーマとしなかった理由は? - 4Gamer.net
Tom's Hardware Guide Processors: The Mother of All CPU Charts 2005/2006 - Charts Updated With Dual Cores

関連記事