【ダイソン】ダイソン、“空気漏れ”を抑制して清浄性能を高めた「Dyson Purifier」シリーズ2機種(ヒーター・ストーブ)

29

製品名:「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」

「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」

概要(価格.comより引用)

ダイソンは、「Dyson Purifier」シリーズより、空気清浄機/扇風機/ヒーターの3役として使用できる「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」、および空気清浄機/扇風機の2役として使用できる「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」を発表した。

「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」は5月26日より、「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」は5月12日より発売を開始する。

「Dyson Purifier」は、欧州規格HEPA H13フィルターを搭載し、「微細な粒子を漏らす原因となる製品内部の隙間をふせぐことで、空気清浄性能をさらに高めた」というシリーズ。

同社では、「一般的に空気清浄機は、製品の組み合わせ部分に隙間があり、高性能なフィルターを搭載していても、フィルターを通過せず、製品の隙間から汚れた空気を漏らしてしまう場合がある」として、「ダイソンのエンジニアたちは、わずかな微粒子も漏らさないために、気流の経路を分析。構造を再設計し、隙間をふさぐことで、製品内部を密閉することに成功した」と説明している。

さらに、欧州規格HEPA H13フィルターを組み合わせることで、「PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%閉じ込め(自社試験結果)、有害なガス・ニオイも除去(自社および第三者機関[CHEARI(中国)]が実施した測定試験結果)。花粉や、ハウスダスト、ウイルス(試験機関:一財 北里環境科学センター)をとらえる」とのことだ。

加えて、「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」は、気流経路を改善したことで、従来モデルから運転音を最大20%低減( 国際標準規格[IEC-60704]に準じた自社基準に基づき自社で測定)したという。

このほか、両機種ともに「Air Multiplierテクノロジー」を採用し、部屋全体の空気を清浄。気流を増幅させる独自設計の送風口を装備し、「遠くにある空気の汚れも引き寄せる循環力によって、部屋全体の空気を清浄する(空気清浄機能は自社規格DTM801に準拠し、空気を送り出す自社試験、および自社規格TM-003711に準拠し、81m3の空間で空気清浄能力を測定した自社試験結果)」とのことだ。

「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」の空気洗浄能力は、適用床面積9畳が30分、適用床面積25畳が60分(8畳を洗浄する目安が27分)。本体サイズは248(幅)×764(高さ)×248(奥行)mm、重量は5.69kg。ボディカラーは、ホワイト/シルバー、シルバー/ブルー。

「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」の空気洗浄能力は、適用床面積12畳が30分、適用床面積35畳が60分(8畳を洗浄する目安が22分)。本体サイズは220(幅)×1050(高さ)×220(奥行)mm、重量は4.99kg。ボディカラーは、ホワイト/シルバー、シルバー/ブルー。

直販価格は、「Dyson Purifier Hot+Cool 空気清浄ファンヒーター」が81,400円、「Dyson Purifier Cool 空気清浄ファン」が68,200円。

関連記事