【東芝】東芝、“クラウドAI高画質連携”に対応したレグザタイムシフトマシン2機種(ブルーレイ・DVDレコーダー)

12

製品名:レグザタイムシフトマシン 「DBR-M4010」

レグザタイムシフトマシン 「DBR-M4010」

概要(価格.comより引用)

東芝映像ソリューションは、「レグザタイムシフトマシン」の新モデルとして、HDD容量4TBモデル「DBR-M4010」、HDD容量3TBモデル「DBR-M3010」を発表。いずれも3月5日より発売する。

地上/BS/110度CSデジタル放送の中から最大7チャンネルを録画できるモデル。タイムシフトマシン専用として、地上/BS/110度CSデジタル放送チューナーを3基、地上デジタル放送チューナーを1基装備。さらに、通常録画・タイムシフトマシン兼用として、地上/BS/110度CSデジタル放送チューナー3基を備える。

例として、HDD容量4TBモデル「DBR-M4010」では最大約15日間分、HDD容量3TBモデル「DBR-M3010」では最大約11日間分の6チャンネルまるごと録画が可能という(タイムシフトマシン専用チューナーの【タイムシフトマシン録画設定】1〜4と、通常録画/タイムシフトマシン兼用チューナーの【タイムシフトマシン録画設定】5・6を「スマホ長時間画質」でタイムシフトマシン録画した場合の目安)。

映像面では、クラウドAI高画質連携に対応。クラウドから情報を取得して高画質化処理を行う「クラウドAI高画質対応レグザ」(4K有機ELレグザ「X9400シリーズ」「X8400シリーズ」、4K液晶レグザ「Z740Xシリーズ」「M540Xシリーズ」)を組み合わせて使用することで、レコーダー側で録画したテレビ番組を高画質で楽しめるという。

具体的には、レコーダー側で録画した番組を再生する際、そのコンテンツの詳細ジャンルや画質特性をクラウドから取得し、その情報をテレビ側に送信。「クラウドAI高画質対応レグザ」がその情報をもとに適切な高画質化処理を行うことで、臨場感のある映像を再現するとのことだ。

機能面では、録画した番組を番組表形式で表示する「過去番組表」、4種の「再生モード」(通常再生、らく見、らく早見、飛ばし見)を搭載。レグザブルーレイ/レグザタイムシフトマシン用のアプリケーション「スマホdeレグザ」にも対応した。

価格はいずれもオープン。

関連記事