【SONY】ソニー、全方位スピーカーシステム搭載ワイヤレススピーカー「SRS-RA5000/3000」(Bluetoothスピーカー)

41

製品名:「SRS-RA5000」

「SRS-RA5000」

概要(価格.comより引用)

ソニーは、新開発の全方位スピーカーシステムを搭載したワイヤレススピーカー「SRS-RA5000」(ブラック)、および「SRS-RA3000」(ブラック、ライトグレー)を発表。いずれも4月16日より発売する。

ともに、ソニーが提案する新たな音楽体験「360 Reality Audio」認定スピーカーとして展開。新たに開発した全方位スピーカーシステムを搭載する。

具体的には、「SRS-RA5000」に搭載する全方位スピーカーシステムは、7つのユニットから構成。スピーカー上部に3つ配置した独自開発の上向きスピーカーユニットによって、上方向へ音を広げる。さらに、中央に配置した3つのミッドスピーカーユニットから水平方向へ音を拡散することで「水平かつ上からも音に包まれるような音楽体験」を楽しめるという。下部には、低域を再生するサブウーファーを装備した。

「SRS-RA3000」の全方位スピーカーシステムは、スピーカー上部に搭載したオムニディフューザーとビームトゥイーターによって部屋中に音を拡散。加えて、低域を増強するパッシブラジエーターをスピーカー側面に2つ配置することで「クリアな高音質と豊かな低音」を実現。フルレンジスピーカー1基も装備した。

さらに両機種ともに、臨場感あるサウンドを楽しめる「Immersive AE(Audio Enhancement)」を搭載。ソニー独自のアルゴリズムによって「2chステレオ再生の楽曲を臨場感と広がりのある音場で体感できる」と同社では説明する。

このほか、「圧縮音源の高音域を効果的に補完し、再生する高音質化技術」を採用した点も特徴。「SRS-RA5000」は「DSEE HX」を搭載。「SRS-RA3000」は「DSEE」を搭載し、圧縮音源を原音により近い広がりのある音で再生するとのことだ(DSEE HX/DSEEは、MP3などの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際に有効。有線接続時は無効)。

「SRS-RA5000」の本体サイズは235(幅)×329(高さ)×225(奥行)mm、重量は約4900g。市場想定価格は66,000円前後。

「SRS-RA3000」の本体サイズは146(幅)×247(高さ)×155(奥行)mm、重量は約2500g。市場想定価格は36,000円前後。

関連記事