【maxzen】maxzen初の4Kチューナー内蔵モデル、50型4K液晶テレビ「JU50TS01」が1/15発売(薄型テレビ・液晶テレビ)

8

製品名:「JU50TS01」

「JU50TS01」

概要(価格.comより引用)

MOAは、プライベートブランド「maxzen」より、4Kチューナー内蔵の50型液晶テレビ「JU50TS01」を発表。1月15日より発売する。

「maxzenテレビ史上初」という、4Kチューナー内蔵モデル。メイン基板には「日本設計の映像エンジン」を装備。HDRをサポートし、「HDR10」「HLG」規格に対応する。ゲームモードも搭載した。加えて、市販の壁掛け金具を使用して、壁に取り付けることも可能だ。

音質面では、Eilex社独自の高音質化技術によって「原音に近い高音質」を再生するとのこと。また、VIR Filterを採用し、従来のデジタルフィルターに比べて、より高性能な補正が可能になったという。「ダイナミック」「標準」「映画」という3つの音声モードも備える。

このほか、画面解像度が3840×2160ドット。応答速度が8ms、視野角が上下左右が約170度、輝度が250カンデラ、コントラスト比(標準値)6000:1。音声出力が8W+8W。

チューナー数はBS4K/110度CS4Kチューナー×2基、地上/BS/110度CSデジタルチューナー×2基。別売りの外付けHDDを使った録画機能を搭載する。

インターフェイスは、HDMI入力×4(HDMI1 ver.2.0[ARC対応]、HDMI2 ver.2.0、HDMI3 ver.2.0、HDMI4 ver.2.0)、USB×2(録画用、メディアサービス用)、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン出力×1、LAN×1を装備する。

本体サイズは1126.5(幅)×699.8(高さ)×195.9(奥行)mm(スタンドを含む)、重量は9.4kg。

価格はオープン。

関連記事