【シロカ】シロカ、「静かで心地いい風」「到達性の高い風」2つの風を実現したDC扇風機2種(扇風機・サーキュレーター)

96

製品名:

概要(価格.comより引用)

シロカは、「DC 3Dサーキュレーター扇風機 SF-C211」および「DC 音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇 SF-V151」を4月10日より発売すると発表した。

いずれも、同社独自の「ふわビューン技術」を搭載し、羽根、ガード、モーターの最適化により“静かで心地いい風”と“到達性の高いパワフルな風”の2つの風を実現したというサーキュレーター扇風機。

また、DCブラシレスモーターを採用し、微風から強風まで幅広い風を再現。さらに、羽根の厚みを絞り、反り角度を最適化することで、静かで安定した風を送り出すという。風量「1」の場合の動作音は10.2dBと業界最小クラスの静音性を実現した。

■「DC 3Dサーキュレーター扇風機」

部屋の換気を効率的に行える「3D立体首振り機能」を搭載したモデル。主な仕様は、風量が8段階、本体サイズは28(幅)×54〜68(高さ)×28(奥行)cm、重量が約3.1kg。電源コード長が約1.8m。ボディカラーはホワイト。リモコン(テスト電池付き)が付属する。

市場想定価格は13,000円前後。

■「DC音声操作サーキュレーター扇風機 ポチ扇」

「音声認識機能」を搭載し、声で操作できるモデル。主な仕様は、風量が8段階、本体サイズは36(幅)×68〜88(高さ)×30(奥行)cm、重量が約4.2kg。電源コード長が約1.8m。ボディカラーはホワイト。リモコン(テスト電池付き)が付属する。

市場想定価格は14,000円前後。

関連記事