【サーモス】サーモス、湯をらせん状に落とす「スパイラルドリップ」を採用したコーヒーメーカー(コーヒーメーカー)

50

製品名:

概要(価格.comより引用)

サーモスは、コーヒーメーカーの新製品「サーモス 真空断熱ポット コーヒーメーカー ECK-1000」を発表。10月1日より発売する。

新ドリップ方法「スパイラルドリップ」を採用した容量1Lのコーヒーメーカー。湯をらせん状に落とす新ドリップ方式により、バリスタが手で淹れるように湯をコーヒー粉にまんべんなく行きわたらせる。これにより豆本来のおいしさを引き出すという。

また、蒸らし時間はマイコンで制御する。ドリップしたコーヒーは真空断熱構造のポットに直接入るため、温かいまま煮詰まらずおいしさを保つとのことだ。

さらに、操作はタッチパネルで簡単にでき、タイマー機能も搭載。ドリップ完了後は自動的にヒーターが切れる安心省エネ設計となっている。ポットは真空断熱構造であるため、保温は電源不要だ。

このほか、ポットにあらかじめ氷を入れ、アイスコーヒー用の粉、または深煎りのコーヒー粉を使えばアイスコーヒーも作れる。

主な仕様は、消費電力が700W、本体サイズは23.5(幅)×38(高さ)×24.5(奥行)cm、重量が3.4kg。ボディカラーはホワイト。

価格はオープン。

関連記事