【東芝】東芝、温度&湿度のWセンサーを搭載した4L加湿器2機種(加湿器)

16

製品名:KA-Y45、KA-Y60

KA-Y45、KA-Y60

概要(価格.comより引用)

東芝ライフスタイルは、タンク容量約4Lのスチームファン式加湿器2機種を発売すると発表した。ラインアップは、最大13畳対応の「KA-Y45」、最大17畳対応の「KA-Y60」を用意する。

いずれも、温度と湿度のダブルセンサーを搭載した加湿器。自動加湿コントロールに対応し、快適な湿度をキープするという。また、タンクは本体から取り外し可能で、ハンドルを装備。タンクとタンクキャップには抗菌加工を施した(新潟県環境衛生研究所調べ)。

共通の仕様として、タンク容量が約4L。コードセット(マグネット式プラグ、電源コード有効長約1.4m)、クエン酸(60g)、エアフィルター、アロマポットが付属する。

「KA-Y45」の主な仕様は、加湿量が約450ml/h、連続加湿時間の目安が約8時間50分。適用床面積の目安は、木造和室が〜8畳(〜13m2)、プレハブ洋室が〜13畳(〜21m2)。運転スイッチを点字付きとした。

本体サイズは264(幅)×285(高さ)×257(奥行)mm(ハンドルを含む)、重量は約3.3kg(コードセットを含む)。

「KA-Y60」の主な仕様は、加湿量が約600ml/h、連続加湿時間の目安が約6時間40分。適用床面積の目安は、木造和室が〜10畳(〜17m2)、プレハブ洋室が〜17畳(〜27m2)。操作パネルを点字付きとした。

本体サイズは264(幅)×302(高さ)×257(奥行)mm(ハンドルを含む)、重量は約3.5kg(コードセットを含む)。

関連記事