【Razer】Razer、esports向けゲーミングヘッドセット「BlackShark V2」(ヘッドセット)

26

製品名:RAZER BlackShark V2

RAZER BlackShark V2

概要(価格.comより引用)

Razerは、ゲーミングヘッドセット「Razer BlackShark V2」を発表。8月18日より発売する。

esportsに適したゲーミングヘッドセット。ドライバーは本製品の開発に伴い設計した「Razer TriForce 50mm チタンドライバー」を搭載。高・中・低の3つドライバーがあるかのように、音域に合わせて高音域をより豊かに、低音域をパワフルにより明るくクリアな音質を実現するという。

また、チタンコートのダイヤフラムを採用したことにより、聞こえる音声の明瞭さを強化しており、正確ですばやい状況の把握や仲間とのコミュニケーションが可能だとのことだ。

さらに、本ドライバーは水平だけでなく上下方向の音も聞き分けられる立体音響技術「THX Spatial Audio」に対応。次世代のサラウンドサウンドで没入感を向上させ、ゲーム内の状況をより的確に認識できる。

マイクは、音声キャプチャを強化した「Razer HyperClearカーディオイドマイク」を採用。向上した集音パターンにより背後や横の音を遮断するため、声のみを拾い、周辺音を遮断する。さらに、付属のUSBサウンドカードを使用すれば、Razer Synapse経由でマイクブースト、ボイスゲート、ボリュームの正規化、マイクイコライザー、アンビエントノイズリダクションといった機能にアクセスすることで、音声出力を調整できる。

イヤカップには新しい通気性にすぐれたイヤクッションを採用。汗や肌の接触による熱の蓄積を最小限に抑えるだけでなく、ソフトなフォームの密度を強化することで、ヘッドセットの締め付け力を大幅に軽減した。

インターフェイスは、3.5mm端子、または付属のUSBオーディオアダプター。またUSBサウンドカード(Windows 10のPC対応)。周波数特性が12Hz〜28kHz、インピーダンスが32Ω(@1kHz)、感度が100dB±3dB。重量は262g。専属ポーチが付属する。

価格は11,800円(税別)。

なお、「BlackShark V2」より価格を抑えたエントリーモデル「Razer BlackShark V2 X」も同時に発売する。価格は6,800円(税別)。

(C) 2020 Razer Inc. All rights reserved.

「RAZER BlackShark V2」に関する他の記事

無料でバーチャルサラウンドを実現する「Razer Surround」はヘッドフォン派のPCゲーマー必携だ。テストで分かったその完成度 - 4Gamer.net
形状や長さ,有線/無線まで変更できるRazer製マウス「Ouroboros」と,ミリタリーデザインのヘッドセット「BlackShark」が12月21日国内発売 - 4Gamer.net

関連記事