【最新情報】ソニー製センサーを装備、スマホ連携で天体観測できる「eVscope」(天体望遠鏡)

8

製品名:「eVscope」

「eVscope」

概要(価格.comより引用)

プラススタイルは、ビーラボが販売する望遠鏡「eVscope」(Unistellar製)を「+Style」で9月16日から取り扱うと発表した。

ソニー製の超高感度センサー「IMX224」を搭載し、アプリ連携によって天体観測できるという望遠鏡。独自のエンハンストビジョンテクノロジーを採用し、光害の影響が大きい都市部でも鮮明に星々を観察できるとのことだ。

具体的には、従来型の望遠鏡では難しかったという、4.5インチ口径での高い集光性能を装備。「IMX224」でとらえた光を短時間で光を蓄積させる技術と、独自開発の望遠鏡内蔵算出モジュールの画像処理アルゴリズムというの2つの技術によって、高いクオリティの観測を楽しめる。なお、センサー設定と画像処理のパラメーターは自動で調整するため、ユーザーが操作する必要がないとのことだ。

さらに、ソフトウェアが天体の正確な位置を認識し、望遠鏡を最適な方向に向けてくれる独自の特許技術「AFD(自立フィールド検出機能)」も搭載。内蔵の座標データベースを参照して、望遠鏡の視野に入った星を自動的に認識する。AFDと加速度センサー、電動マウントの組み合わせにより、さまざまな方角のさまざまな天体に焦点を合わせて、ユーザーのスマートフォンに天体の情報を送るとのことだ。

なお、アプリ「Unistellar」では、Wi-Fi接続によって「eVscope」を操作できるほか、RAW撮影によるデータ転送にも対応。ライブ/ダイレクトビューによるリアルタイムの映像を確認できるほか、アプリ内で観測したい天体を選択して、自動的に「eVscope」が見つけ出す。アプリのジョイスティックを使って方向や露出を変更できる「エキスパートモード」も搭載した。

通常価格は379,800円。ただし、9月30日までの発売記念キャンペーンとして、通常価格から23,200円値下げした356,600円で販売するとのこと。製品の発送は11月上旬以降を予定している。

「「eVscope」」に関する他の記事

IoT×天体観測で科学に貢献、超ハイテク天体望遠鏡「eVscope」が凄かった! - BCN+R
従来の望遠鏡より100倍パワフル: eVscope (eVスコープ)が日本登場! - CAMPFIRE (キャンプファイヤー)
デジタル式のスマート天体望遠鏡「eVscope」--星の配置から方角を自動認識 - CNET Japan
Welcome to Cosmic Diary

関連記事