【ダイソン】ダイソン、“浮いているように軽快な”全方向駆動コードレス掃除機「Omni-glide」(掃除機)

16

製品名:「Dyson Omni-glide(ダイソン オムニグライド)コードレスクリーナー」

「Dyson Omni-glide(ダイソン オムニグライド)コードレスクリーナー」

概要(価格.comより引用)

ダイソンは、全方向駆動コードレスクリーナー「Dyson Omni-glide(ダイソン オムニグライド)コードレスクリーナー」を発表した。ダイソン直営店、ダイソン公式オンラインストア、ダイソンお客様相談室および各家電量販店で4月7日より順次発売する。

「ダイソンで最も操作性にすぐれたコードレスクリーナー(Dyson V8シリーズとの比較。独立第三者機関での操作性の調査[2020年2月に実施]に基づく)」をうたうモデル。

具体的には、「前後左右あらゆる方向へ、まるで浮いているように軽快で自由自在に操作できる」と同社では説明。モーターやサイクロン、クリアビン、フィルター、ハンドルを直線的に配列した設計を採用し、180度フラットに寝かせて(本体を後方に倒して寝かせることが可能。逆方向には倒れない)、ソファやベッドなどの低い家具下もスムーズに掃除できるという。

仕様面では、毎分最大105000回転する「Dyson Hyperdymiumモーター」を搭載。製品全体で5段階にわたってゴミを捕集する設計によって、「0.3ミクロンもの微細な粒子を99.99%とらえる」とのことだ(ASTM F1977-04に基づく自社による試験結果。2020年に実施)。

加えて、360度回転する4つのキャスターホイールを配置した、新開発の「Omnidirectional Fluffyクリーナーヘッド」を装備。リビングルームや家具下に隠れたゴミやホコリ、テーブル下の食べこぼしなど、「一般的に取り残しが発生しやすい」とする狭い場所でも、スムーズに掃除できる操作性を実現するという。

このほか、付属ツールを付け替えるだけで、スティッククリーナー、布団クリーナー、ハンディクリーナーとして使用できる点も特徴だ。

主な仕様は、最大運転時間(クリーナーヘッド/非モーター駆動ツール)がエコモードで約18分/約20分、強モードが約5分/約5分。充電時間が約3.5時間。本体サイズは208(幅)×132(高さ)×1077(奥行)mm、重量は1.9kg(いずれも、バッテリー、パイプ、標準クリーナーヘッド含む)。

「Dyson Omni-glide Complete」(オムニディレクショナルフラフィクリーナーヘッド、ミニ モーターヘッド、コンビネーション隙間ノズル、卓上ツール、収納用ブラケット、専用充電ドックが付属)の直販価格は64,900円。

ダイソン公式限定カラー「Dyson Omni-glide Complete+[SV19 OF COM]」(オムニディレクショナルフラフィクリーナーヘッド、ミニ モーターヘッドコンビネーション隙間ノズル、卓上ツール、LED隙間ノズル、収納用ブラケット、専用充電ドックが付属)の直販価格は69,300円。

関連記事