【マランツ】マランツ、8K/60p対応でスリムデザインのAVアンプ「NR1711」(AVアンプ)

119

製品名:「NR1711」

「NR1711」

概要(価格.comより引用)

マランツは、スリムデザインのAVサラウンドレシーバー「NRシリーズ」の新モデルとして「NR1711」を発表。9月中旬より発売する。

8K/60pや4K/120p映像信号のパススルー、HDR10+、新4K8K衛星放送で使用されている音声フォーマットMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)などを新たな機能としてサポートしたモデル。

高さ105mmのスリムなデザインながら、実用最大出力100W、全チャンネル同一構成の7chフルディスクリート・パワーアンプを搭載。「音質担当エンジニアとサウンドマネージャーによる入念なサウンドチューニング」を施し、「マランツのHi-Fiコンポーネントにも通じる、精密かつ透明感の高い空間表現を実現する」とのことだ。

また、「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。ハイトスピーカーやサラウンドスピーカーを設置できない環境でも包み込まれるような3Dサウンドを手軽に体験できるバーチャルサラウンドテクノロジー「Dolby Atmos Height Virtualizer」、「DTS Virtual:X」にも対応する。5.1ch以下の構成で使用する場合は、フロントスピーカーをバイアンプ接続して駆動力を向上できるという。

さらに、HDMI入力1系統(HDMI 6)、出力1系統が新たに8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応。6入力/1出力すべてのHDMI端子が、デジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」をサポートする。

HDR(High Dynamic Range)については 「HDR10」「Dolby Vision」「Hybrid Log-Gamma」に加えて、「HDR10+」「Dynamic HDR」にも対応。従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーにも対応し、最新のパッケージメディア、ストリーミング、放送などソースを問わず、表現力豊かなHDR映像を楽しめるとのことだ。

このほか、「ARC(Audio Return Channel)」「eARC(Enhanced ARC)」「CEC」や、「ALLM(Auto Low Latency Mode)」「VRR(Variable Refresh Rate)」「QFT(Quick Frame Transport)」「QMS(Quick Media Switching)」もサポートする。

ネットワークオーディオ機能は、HEOSテクノロジーにより、Amazon Music HDをはじめAWA、Spotify、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスに対応(サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合がある)。パソコンやNASなどのミュージックサーバーおよびUSBメモリーからのファイル再生では、5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM (WAV/FLAC/Apple Lossless)に対応する。Bluetooth送信機能、FM補完放送「ワイドFM」対応のFM/AMチューナーも搭載した。

主な仕様は、定格出力が50W+50W(8Ω、20Hz〜20kHz、THD 0.08%)、実用最大出力が100W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動、JEITA)、適合インピーダンスが4〜16ΩSN比が98dB(IHF-A、ダイレクトモード時)、周波数特性が10〜100kHz(+1、-3dB、ダイレクトモード時)。

本体サイズは440(幅)×173(高さ)×378(奥行)mm(アンテナを立てた場合)、重量は8.3kg。ボディカラーは、ブラック、シルバーゴールド。

価格は90,000円(税別)。

「「NR1711」」に関する他の記事

関連記事