【HUAWEI】ファーウェイ、2万円台の9.7型/10.1型タブレット「MatePad T10/T10s」(タブレットPC)

30

製品名:MatePad T10/MatePad T10s

MatePad T10/MatePad T10s

概要(価格.comより引用)

ファーウェイ・ジャパンは、タブレットのエントリー向け「MatePad T」シリーズより、9.7型モデル「MatePad T10」と10.1型モデル「MatePad T10s」を発表。Wi-Fiモデルとして、4月23日より発売する。

いずれも、2万円台という低価格ながらも、エンターテインメント性能が充実したエントリーモデル。高出力のステレオスピーカーに、独自のサウンドシステム「HUAWEI Histen 6.1サウンドエフェクト」を搭載。低音域や音量レベルに応じた周波数パラメーターを自動補正したり、9.1chサラウンドセットアップによりバーチャル3Dサウンド効果を体験できる。

2機種の違いは、ディスプレイとセンサーで、9.7型モデル「MatePad T10」の解像度が1280×800ドット、10.1型モデル「MatePad T10s」の解像度が1920×1200ドット。センサーは、9.7型モデル「MatePad T10」が加速度センサー、10.1型モデル「MatePad T10s」が加速度センサー、照度センサー、近接センサーを搭載する。

共通の仕様は、CPUが「Kirin 710A」、メモリーが2GB、ストレージが32GB。外部メモリーはmicroSD(最大512GB)に対応。OSは「EMUI 10.1(Android 10ベース)をプリインストールする。

カメラ画素数は、背面が500万画素、前面が約200万画素。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応する。

このほか、バッテリー容量は5100mAh。本体サイズは240(幅)×159(高さ)×7.9(奥行)mm。重量は約450g。ボディカラーはディープシーブルー。

市場想定価格は、9.7型モデル「MatePad T10」が23,980円、10.1型モデル「MatePad T10s」が27,280円。

関連記事