【最新情報】シリウス、食塩水を利用した「次亜塩素酸空気清浄機Virus washer」(空気清浄機)

24

製品名:SVW-AQA2000、SVW-AQA1002

SVW-AQA2000、SVW-AQA1002

概要(価格.comより引用)

シリウスは、「次亜塩素酸空気清浄機Virus washer SVW-AQA2000(S)」を9月25日より発売すると発表した。

給水タンク(3.6L)の水道水に、0.8g〜2.0gの食塩を投入して使用する空気清浄機。有効塩素濃度35ppmを生成可能という「パワーモード」運転も搭載した。

発表によれば、「受け皿に落ちた食塩水に特殊な電極をあてて生成した電解次亜塩素酸水を、回転式除菌水フィルターに含水させ、そこに独自の三重構造空気清浄フィルターにて清浄した空気を透過(通風)させる」とのこと。これにより、「集塵、消臭機能」と「空間除菌脱臭機能」をかね備えたという。

このほか、業務用モデルとして、「次亜塩素酸空気清浄機Virus washer PRO SVW-AQA1002(W)」も同時発売。電解次亜塩素酸生成機能は非搭載で、すでに生成した20〜80ppmの弱(微)酸性次亜塩素酸水、もしくは電解次亜塩素酸水を投入して使用する。

関連記事