【マランツ】マランツ、8K/60p対応のミドルクラスAVアンプ「SR6015」(AVアンプ)

42

製品名:「SR6015」

「SR6015」

概要(価格.comより引用)

マランツは、ミドルクラスAVアンプ「SR6015」を発表。9月中旬より発売する。

「マランツが考えるアンプの最も基本的かつ重要な能力である、ステレオ再生能力を高めることに注力して開発した」というモデル。すぐれたステレオ再生能力をシンプルにマルチチャンネルへと拡張することで、「ソースがステレオであっても、サラウンドであっても、Hi-Fiコンポーネントと同様の原音に忠実で透明度の高い空間表現力を実現する」と説明する。

具体的には、8K/60p、4K/120p映像信号のパススルーやHDR10+、新4K8K衛星放送で使用されている音声フォーマットMPEG-4 AAC(ステレオ、5.1ch)などの最新機能をサポート。実用最大出力220W(6Ω、1kHz、THD10%、1ch駆動)の9chフルディスクリート・パワーアンプを搭載し、「低能率なスピーカーも余裕をもって駆動できる」という。

また、Hi-Fiコンポーネントと同様に、原音への色付けを排除した忠実な再生を追求するため、パーツひとつずつの選定や、回路設計の自由度が高いフルディスクリート構成を採用。肉厚なアルミ押し出し材を使用した、ヒートシンクに2分割したパワーアンプ基板を取り付け、放熱性にすぐれ、振動にも強い構造を実現するという。プリアンプ回路には、高速アンプモジュールHDAMを採用した。

さらに、3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。IMAXシアターの迫力をホームシアターで再現する「IMAX Enhanced」にも対応した。最大11.2chのプロセッシングに対応し、パワーアンプを追加すれば、「7.1.4」までシステムを拡張できる。バーチャルサラウンドテクノロジー「Dolby Atmos Height Virtualizer」「DTS Virtual:X」もサポートした。

このほか、HDMI入力1系統(HDMI 7)、出力2系統が8K/60pおよび4K/120p映像信号のパススルーに対応。また、7入力/3出力すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.3」をサポート。映像のダイナミックレンジを拡張するHDR(High Dynamic Range)については 「HDR10」「Dolby Vision」「Hybrid Log-Gamma」に加えて、「HDR10+」と「Dynamic HDR」にも対応する。

加えて、パソコンやNASなどのミュージックサーバー、およびUSBメモリーからのファイル再生では、5.6MHz DSD、192kHz/24bit PCM(WAV/FLAC/Apple Lossless)に対応。FM補完放送「ワイドFM」対応のFM/AMチューナーも搭載する。

ボディカラーはブラック。

価格は148,000円(税別)。

関連記事