【パナソニック】パナソニック、「キッチンポケット」アプリと連携する炊飯器 「おどり炊き SR-VSX1」(炊飯器)

79

製品名:SR-VSX1

SR-VSX1

概要(価格.comより引用)

パナソニックは、スチーム&可変圧力IHジャー炊飯器「おどり炊き」の新製品として「SR-VSX1」シリーズを発表。5.5合炊きモデル「SR-VSX101」と1升炊きモデル「SR-VSX181」をラインアップし、6月1日より発売する。

お米の状態を見極めて、大火力IH、可変圧力、高温スチームの3つの要素を自動でコントロールして炊き分ける「おまかせ見極め炊き」を搭載したモデル。新米も、買い置きして乾燥したお米も、従来よりさらにおいしく炊き分けられるという。

また、炊飯後に保温したり、冷蔵/冷凍保存をするなど、「まとめ炊き」のニーズにも対応。「スチーム保温」を進化させることで、保温ごはんも従来より炊きたてのおいしさに近づけたほか、冷凍・再加熱するのに適した「冷凍用ごはん」コースを新たに搭載する。

さらに、IoT対応し、スマートフォンの「キッチンポケット」アプリと連携することで、その年のお米の出来栄えに応じて炊き方を更新したり、銘柄を追加するなど、購入後もおいしさを進化できる。

このほか、銘柄炊き分けは63銘柄に対応。外出先からも予約中の炊き上がり時刻を変更することができる。

5.5合炊きモデル「SR-VSX101」の本体サイズは27.5(幅)×23.4(高さ)×36.1(奥行)cm。重量は約7.7kg。

1升炊きモデル「SR-VSX181」の本体サイズは29.8(幅)×27.0(高さ)×39.1(奥行)cm。重量は約9.0kg。

ボディカラーは、ブラックとホワイトの2色を用意する。

価格はいずれもオープン。

関連記事