【CANON】キヤノン、RFマウント対応の中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」(レンズ)

93

製品名:RF85mm F2 MACRO IS STM

RF85mm F2 MACRO IS STM

概要(価格.comより引用)

キヤノンは、「RFレンズ」の新モデルとして、中望遠単焦点レンズ「RF85mm F2 MACRO IS STM」を発表。2020年10月下旬より発売する。

ポートレート撮影に適するという、焦点距離85mmの中望遠単焦点レンズ。開放F2の明るさにより、ボケ味を生かした撮影が可能で、ポートレートだけでなくスナップ撮影など、さまざまなシーンで使用できるという。

また、最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離0.35mのマクロ(近接)撮影機能を装備。被写体に接近した撮影では、身の回りの小物や花など、肉眼では捉えることが難しい細部や質感を表現できるとのこと。

さらに、「RFマウント」の特長である大口径・ショートバックフォーカスを生かし、レンズ群の後端(カメラ側)に口径の大きなレンズを配置。「UDレンズ」1枚を含む11群12枚の光学設計を採用し、全長約90.5mm、重量約500gの小型・軽量を達成するとともに、画質劣化の原因となる諸収差の低減を実現するという。

このほか、2020年7月下旬発売予定のミラーレスカメラ「EOS R5」装着時は、ボディ内の手ブレ補正機構と協調制御することで、シャッタースピード換算で8.0段(CIPA規格に準拠)の手ブレ補正効果を実現。2018年10月発売のミラーレスカメラ「EOS R」装着時は、5.0段(CIPA規格に準拠)の手ブレ補正効果を実現する。

主な仕様は、画角が水平24度/垂直16度/対角線28度〜30分、レンズ構成が11群12枚、絞り羽根枚数が9枚(円形絞り)、最小絞りが29、最短撮影距離が0.35m、最大撮影倍率が0.5倍、フィルター径が67mm。本体サイズは78(最大径)×90.5(長さ)mm、重量は約500g。

キヤノンオンラインショップでの価格は82,500円。

「RF85mm F2 MACRO IS STM」に関する他の記事

【本日21時より】Canon EOS Presentation開催!気になるEOS R5 / R6のスペックをまとめてみた。 - photohibi
一眼カメラ用レンズ データベース | とるなら~写真道楽道中記~

関連記事