【SONY】ソニー、ノイキャン性能が進化したBluetoothヘッドホン「WH-1000XM4」(イヤホン・ヘッドホン)

69

製品名:

概要(価格.comより引用)

ソニーは、ノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホンの新モデルとして「WH-1000XM4」を発表。9月4日より発売する。

業界最高クラス(2020年4月21日時点、同社調べ)のノイズキャンセリング性能に加えて、AI技術を活用することで、「ハイレゾ相当のクリアな音と、音楽体験を最適化するスマート機能を実現する」というBluetoothヘッドホン。

具体的には、ノイズキャンセリング性能は、ヘッドホンの内外に配置した2つのセンサーで効率的にノイズを集音する「デュアルノイズセンサーテクノロジー」と、同社独自開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を引き続き装備。これらに加えて、進化したBluetoothオーディオSoCと「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」との新たな連係により、ノイズキャンセリング性能のアルゴリズムが進化したという。

また、ハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリングする高音質技術「DSEE HX」にAI技術を搭載した「DSEE Extreme」に対応。さまざまなジャンルの楽曲で深層学習を施したAI技術が、再生中の曲のタイプを自動で判別することで、特に高音域の補完性能が向上し、さらなる高音質化を実現したとのことだ。

さらに、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能などを自動で最適化するスマートな機能を強化。装着中にヘッドホンがユーザーの発した声のみを認識して音楽を一時停止し、外音取り込み機能に切り替えて会話ができる新機能「スピーク・トゥ・チャット(Speak to Chat)」に対応した。

このほか、使用シーンに合わせてノイズキャンセリング機能や周囲の音の取り込み方を自動で切り替える「アダプティブサウンドコントロール」も、新たにAIがユーザーの頻繁に訪れる場所を認識できるようになり、場所ごとに最適な設定が可能となった。加えて、装着検出によって、ヘッドホンを付け外すと自動で音楽を再生再開・一時停止する機能も搭載する。

機能面では、ノイズキャンセリング性能において、ユーザーの声をクリアに収音する「高精度ボイスピックアップテクノロジー」により、クリアな音でのハンズフリー通話が可能。また、同時に2つのBluetooth対応機器に接続でき、素早くスムーズに機器を切り替えられる。

装着性では、イヤーパッドの形状を見直し、耳に当たる面積を「WH-1000XM3」から拡大したことで、側頭部にかかる圧力を軽減し、よりやわらかな装着感を実現したという。

主な仕様は、型式が密閉ダイナミック、ドライバーユニットが40mm径ドーム型(CCAWボイスコイル採用)、再生周波数帯域が4Hz〜40000Hz、インピーダンスが40Ω(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、16Ω(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)、感度が105dB/mW(有線接続、POWER ON時 1kHzにて)、101dB/mW(有線接続、POWER OFF時 1kHzにて)。

Bluetoothのバージョンは5.0、対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートする。

電池持続時間は、連続音声再生時間が最大30時間(NC ON時)/最大38時間(NC OFF時)、連続通話時間が最大24時間(NC ON時)/最大30時間(NC OFF時)、待受時間が最大30時間(NC ON時)/最大200時間(NC OFF時)。

重量は約254g。ボディカラーは、ブラック、プラチナシルバーを用意する。

市場想定価格は40,000円前後(税別)。

■関連リンク

ソニー、ノイキャン処理が4倍になったハイレゾBluetoothヘッドホン「WH-1000XM3」

関連記事