【最新情報】磁石でドアに貼り付けるだけの体温検知センサー「サーモゲート 零-ZERO-」(体温計)

109

製品名:サーモゲート 零-ZERO-

サーモゲート 零-ZERO-

概要(価格.comより引用)

ペブルコーポレーションは、ドアに貼り付けるタイプの体温検知センサー「サーモゲート 零-ZERO-」の一般予約販売を7月27日より開始した。

ドアに取り付けることで、オフィスゲートなどで通る人の体温を検知する自動体温検知センサー。健康医療機器メーカーオムロン社製のセンサーを採用し、設定温度の37.5度以上を検知すると端末のLEDが点灯し、アラーム音で知らせるという。約30〜50cmの距離で0.5秒以内に顔表面温度を判定し、マスク着用時でも判定可能なのが特徴だ。

設置するには、本体付属の磁石もしくは両面テープでドアに貼り付けるのみ。工事やアタッチメント、専用の台などは不要だ。本体は幅85mmの手のひらサイズで、さまざまなドアや戸に取り付けられるという。

本体サイズは85(幅)×110(高さ)×23(奥行)mm。電源は単3形乾電池×4またはmicro-USB給電。検出温度範囲は0〜55度、測定可能温度範囲は35〜42度。

価格は29,800円(税別)。

関連記事