【京セラ】ワイモバイル、5.6型有機ELを搭載した「かんたんスマホ2」(スマートフォン)

52

製品名:

概要(価格.comより引用)

ソフトバンクは、「ワイモバイル」の新製品として、初心者向けのスマートフォン「かんたんスマホ2」(京セラ製)を発表。7月31日から予約受付を開始し、8月6日に発売する。

5.6型の有機ELディスプレイを搭載し、文字や写真などが鮮明で見やすくなったのが特徴。キーボードを見やすいレイアウトに工夫することで、スマートフォンの文字入力に慣れていないスマートフォン初心者でもストレスを感じることなく文字入力ができるという。

また、「電話」「メール」「ホーム」への切り替え操作がワンタッチでできる3つの専用キーを搭載し、迷うことなく操作することが可能だ。

さらに、操作で困った場合に、ホーム画面のサポートボタンを押すだけで内容を診断して解決する機能「押すだけサポート」を搭載。解決できない場合は、「かんたんスマホ」専用のカスタマーセンターに電話で問い合わせができ、専任のオペレーターに無料で直接相談できる。

加えて、振り込め詐欺や悪質なセールスなどで使用されている不審な電話番号を自動で判別し、発着信時に警告表示・自動ブロックを行う「迷惑電話対策」機能を搭載。カメラを対象物にかざすだけで、それに関する検索が簡単にできる「Google レンズ」に対応する。

主な仕様は、ディスプレイが5.6型HD+有機EL(1480×720ドット)、プロセッサーが「MT6761」、メモリーが3GB、ストレージが32GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大512GB)に対応。OSは「Android 10」をプリインストールする。

モバイルネットワークの通信速度は、下りが最大112.5Mbps、上りが最大46Mbps。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 5.0に対応する。カメラ画素数は、背面が約1300万画素、前面が約500万画素。

バッテリー容量は3300mAh。連続通話時間は、約1500分(FDD-LTE網)/約1400分(W-CDMA網)/約960分(GSM網)。連続待受時間は、約690時間(FDD-LTE網)/約680時間(AXGP網)/約710時間(W-CDMA網)/約740時間(GSM網)。

このほか、IPX5・IPX8の防水、IP6Xの防じん、ワンセグに対応。本体サイズは71(幅)×159(高さ)×8.9(奥行)mm。重量は約151g。

ボディカラーは、シルバー、レッド、ネイビーの3色を用意する。

■関連リンク

ワイモバイル「かんたんスマホ」に迷惑電話対策が標準搭載へ、新色シルバーも発売

ワイモバイル初の初心者向け「かんたんスマホ」、押すだけサポートなど搭載

関連記事